FC2ブログ
--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2018/12/16 (Sun) 03:23

再会

少し前、元クマ塾生、T先生、そして私の三人で集まった。
T先生とFBでやり取りをしていて、
何かもう一度やりたいですね。
何します?
うん、やっぱり塾かな?
じゃ、やりましょうよ!
って流れになり、集まったのだ。

いや、現実はそんなに甘くない。
が、これを生業としようとは思わず、大げさに言えば社会貢献という旗印でやればできるんじゃないか?
T先生も私も年配者になった。
なった今こそできるのではないか…ということになったのだ。

それでとりあえずダメ元でFBで叫んでみた。
伊達や酔狂で力を貸してやろうって人がいたらお願いします!と。

社会貢献と言ったが、少々大袈裟なようで実はそうでもないリアリティもある。
今の子ども達はこのまま放っておけばどうなるのかという憂いが『我々』にはある。
長年サポート校で様々な子どもを支援してきたT先生、それには到底及ばぬが中学受験という矮小なフィールドで、でもそれでも子ども達の周辺に『異変』を痛感してきた私。
そして私達の空気をいっぱい吸い込んでおとなになった元塾生。
うん、なかなかのメンバーだ。

あとは…。
『場』と『空気』と『運』かな。
軽薄に聴こえるかもしれないが事実はそんなとこにある。

世間でいう受験指導はしない。
どうやれば伸びるのか。
どんな心持ちで道を探し、見つけるのか。
見つけてどうするのか。
折々の局面で背中を押してあげたい。

いわゆる『塾』の本当の姿ではないかと思っている。

なるか、ならんか。。。やってみなしゃーないわけである。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2018/10/26 (Fri) 23:36

やっぱり、kuma塾…?

旧知の先生と再開した。
ざっと十年ぶり。私も私だが、彼にはもっともっと色んなことがあって苦労された。

出会った時は私が三十前、彼はまだ十代だったことになる。
長い時を経て一度接近遭遇し、幾ばくかの行動をともにさせてもらったことがある。
が、その後進展はなかった。

私はもう爺の部類である。
下の世代からは色々と疎んじられることもすくなくない年代だ。
が、私からすれば今だからこそできることがあるのではないかと思い始めていた頃、その先生が会いましょうと連絡をくれた。

が、お互いに『ないない男』なのだ。
このコンビで何かをしでかそうというのは至難の技かもしれない。
が、我々に“場”が与えられたら面白いことになる。

まずは場、空間探し。
というか、ほぼそれに尽きる。
無い知恵絞って考えよう。

やっぱり kuma塾はよかったのだと今頃になって再認識することができて喜んでいる。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2015/08/15 (Sat) 10:00

おかえり....

トクちゃんが亡くなって、二年が過ぎた。
一日も忘れたことはない。動揺こそしなくなったが、今でも容貌の似た男を見るとどきっとする。
でも、もう問うまい。。。

これは2012年のクリスマス会に来てくれた時の音源だ。
この数ヶ月あとにもう一度塾のお別れ会でセッションをすることになるのだが、この時はまだ誰にも打ち明けていなかった。
そして、トクちゃんもまだ生きる希望を棄ててなどいなかったはずだ。
[広告] VPS

彼はどっちがよかったのだろう。いとしのエリーにしようかと迷ったがこちらにした。
自分で作っておきながら見ている内にジーンしてしまった(^_^;)

お盆のせいか…。彼を近くに感じる。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2015/07/07 (Tue) 08:19

何処かで誰かが…

先日、FBにある教え子君から友達申請をもらった。
卒業まで見れなかった子だったが、クマのこと覚えてくれていたらしくネットで見つけて連絡をくれた。

このブログにしろ、FBにしろ、何処かで誰かが見てくれているかもしれない…そう思うと続けなければ!

最近、あるバンドにピンチヒッターで呼ばれて参加させてもらった。

そのことがきっかけで毎日のように稽古に精が出る。

歌うのは身体に良い!何よりもすっきりする!

今、スティングの曲を中心に練習している。

あとは…桑田とかビリーちゃんとかも。

今日も夜、練習がある。練習がとても楽しい。
Trackback(-) comment*2 | 塾のこと
2014/11/25 (Tue) 00:07

空気を売る

私の稼業は『空気を売る』稼業かも知れない。
子どもの『わからない』を解決してあげるのがその最大の商品なのだが、実はそれより何より、雰囲気とか場の空気で以て子どもを変えてゆくのが本業なのだろう。

だから、自分としてはできるだけ否定的な言葉を遣いたくないと思っている。
否定的な言葉は主に叱る時に出る。
叱る時はこちらがある種の嫌悪を持って叱っているのであるからごく自然に相手をやっつけるための否定的な言葉が出てくるわけだ。ここに注意が必要だ。

長い年月に渡ってそういう言葉を浴びせ続けられると子どもはどうなるか推して知るべしである。

子どもが親にしてくれるという言葉があるが、子どもの様子を見て自分を変えようとするオトナが減った。
何故かと言えば、その『オトナ』こそが否定的な言葉のシャワーで育ったからだと思っている。
DVを受けた子は我が子にDVをするというけれど、言葉も似ている。

魂をきちんとのっけた言葉で接したい。
追い詰められた時に吐く言葉こそが本性と思われる。
瀬戸際にあっても佇まいを崩さぬ人でありたいし、接した子にはそうなってほしい。
むろん、理想である。が、夢想でもない。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2014/09/14 (Sun) 01:20

塾の都合

個別指導の塾に居ると、いわゆる大手塾の都合に振り回されている親子に出会う。

ある受験生の親と面談をした。最近鼻息の荒い塾に通っている。
本来はそこだけで伸びていいはずなのだが、わざわざ私が籍を置く教室までやって来る。
勿論口コミが利いているのであって喜ばしいことではある。

今、どこの塾でも夏は抱え込みをするので一日の拘束時間が長い。
因って、この子もなかなか教室に姿を見せてくれない。
で、来た時は休みの日だから疲れている。が、宿題とやり直しが溜まりに溜まっている。

まず、ここで疑問である。
この子の通っている塾はこの子にマッチしているのか?
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。