--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/08/04 (Tue) 12:15

A9

A9とはギターのコードである。9は根音に長9度の音を足して、響きをよくさせた和音なのである(う~~んあんまり説明が上手くない(^_^;)) 
で、さて。スティング君はこの9thコードが大好き人間なのである。
彼のビッグヒット、“Every breath you take”のあの出だしの音だ。
これをギターで押さえるのは小さい手の私には無理だ。
左手人差し指で6弦5フレット、薬指で7フレット、小指で9フレットを押さえる。すでにかなりきつい。
さらに、この3つを押さえながら6弦を弾き終わったら人差し指を4弦の6フレっとに移動する。この時薬指と小指は死んでも放してはいけない(>_<)
これが次のF#m9になると2フレット始まりなのでフレット間隔がさっきより長くなり事態はさらに深刻である。。。

私はリードじゃなくて助かった。私がリードならカポタスト多様の不細工なルックスになってしまう。
アンディー・サマーズはやっぱりすごいのだね。というか、手の大きな人が羨ましい。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
2015/08/04 (Tue) 11:56

ハイブリッドギター?!

先日、エレガットを手にした。ま、なんとか、大音量のバンドでも使えそうだ。
バンドに入れてもらってはじめて、ギターに関する選球眼が大きく変わった。
大きな音をハウリングなしで出せること。これがまず第一等。
そのことだけなら一番はヤマハのサイレントギターである。当たり前だ。ボディがないのだからハウりたくてもハウれない(^_^;)

アコースティックとエレキの両方が要る。可能なら1本でやりたい。
それを解決してくれるのがハイブリッドギターだ。
弦の振動から音を拾うマイクと弦の振れから音を拾うマイクの両方が備わっているギター。実はサイレントの新型がそうなのだが。。
そしてあとは抱えやすさとかルックスが好きになれるかどうか…そんなことも結構大きな要素だ。

やっぱり自分は青のギターが好きだな。
青が綺麗で音作りが上手いギターとなれば…やっぱりゴダンかなぁ。。。
ゴダンのそれは自分の中ではPRS(ポールリードスミス)と同じところに置いていたが、違っていた。

ただ、自分にこれが使いこなせるかと聞かれれば、二の足を踏んでしまう。
ギター負けしそう(^_^;)
Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
2014/01/28 (Tue) 12:12

上手いねぇ~

こんなの知らなかった。
ちょいと懐かしい曲の小洒落たカバー。
綾香って上手いなぁ。

Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
2014/01/06 (Mon) 13:35

sustain

金髪娘は入院した。
ナットという弦を受ける部品の消耗で弦の高さが下がり、それとネックの反りが相まってあのビビリ音になっていたようだ。自分のギターは反らない…とやや過信していた。引っ越しして環境が変わったことも一因かもしれない。
J45はなぜ弾いていて気持ちが良いかといえば、それはsustainだろう。音がよく伸びる。これが弾き心地の良さになっていることは間違いない。繊細な音はあまり出ないが、ザクザクとかき鳴らしたり、ブルースなんかには似合う音だろう。
今、修理屋さんが混でいるらしく、今月末までカノジョは家を空ける。寂しいことだ。
Trackback(-) comment*4 | 音楽“昼”話
2012/08/15 (Wed) 12:12

“ミッシェル”の謎解き

ビートルズのミッシェル。ギターで普通に弾いてるだけでは“あのサウンド”にならない。何でだろう?とずっと思っていた。ある日、それはベース音だと気がついた。これを坂崎の幸ちゃんが見事に紐解いてくれた。長い動画だ。問題のシーンは33分ごろに出てくる。Charと坂崎。同じような音楽環境で育った二人の微妙な違いがわかって面白い。
Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
2012/05/06 (Sun) 09:01

石やん、今までありがとう

アラ還のおっさんはやっぱりいい味だすなぁ。。。
Charも還暦過ぎたら音数が少し減って、重みが増すのか。
このコンビ、馬呆よりいいかも。

Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。