--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2016/10/16 (Sun) 23:07

久しぶりの投稿

ここ最近、SNSがブログ化してしまい、そこに加えて下手の横好きでバンドに入ったり、セッション仲間ができたりして、その活動もこちたではなくFBに上げていたのでこんなことになっている。

でもblogはやっぱり好きだ。

いろいろ考えたけど、ここはぼちぼちでも続けていこうと思う。

何かの時にふと、あ、これはblogのおかげ!と思うことがよくある。
それはなんといっても書くとうこと。

自分の頭を整理する上でも書く事は大切にしたい。
そして、音楽も。

先日、音楽教室を運営している方に誘われ、教室でPAをセットして生ギター、生ピアノ、そしてなぜかヤマハのリズムボックス(?)でセッションした。全く打ち合わせも練習もしていなかったので曲はまともにできなかったが、こんな感じで小さなライブだったらいけると手応えを感じ取った。

自分的には、その場に居たある方に『認めて』もらったことが何よりも嬉しく、自信になった。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2016/04/11 (Mon) 02:01

食べた!食べた!

土曜日は友人に誘われとりずくしの店でたらふく食い、日曜は花見で、午前中から夕方までずっと食べ続けてた。
多分、摂ったカロリーは天文学的な数字になってるだろう。

明日から、膨らんだ胃を萎めなくては!

いやぁ、でも…。
みんなでわいわい言いながら食べると美味い!
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2016/01/22 (Fri) 14:03

中学入試、終了

まだいくつか残っているかもしれないが、私が関わった子ども達はすべて合否が出て、進路も決定した。
まずまず納得いく結果であったと思う。
中には合格した『コース』がお気に召さない保護者の方も居るが、それは入学してからの頑張り如何によってどうにでもできる。
逆に『上のコース』で入っても結果を出さねば『下のコース』に落ちるわけだから…。
また、入試というものは今の学力や気力、体力を…色々な物を総合した結果なのであって、力に見合わない結果だということなない。それよりは行きたいと思った学校に行けることに自信を持って、学内で頑張るべきである。

が。
最近私が見た受験生達の中に、入学する前から『この子は頑張らないだろうな』と透けて見える子が居る。
それはやはり小学校時代の態勢と親との関わりに問題点があるからだ。
なんとか治してあげたいのだが、それは叶わぬことが多い。

ま、何はともかく。
春は来る。
頑張れ!新一年生!
おめでとう。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2016/01/06 (Wed) 02:20

2016年が明けました

遅れ馳せながら明けましておめでとうございます。
2015年は春くらいからとても充実した毎日を送ることができました。
音楽のおかげです。

バンドに参加して、音楽のこと、楽器のこと、機材のこと…めっちゃ勉強しました。

高が趣味 されど趣味。

昔の中国人は一生幸せになりたかったら釣りを覚えろと言ったらしいですが
私ならこう言います。
音楽を!と。

今年もよろしくお願いします。

去年は人前で2度演奏しました。
今年は3回以上を目標に毎日練習しています。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2015/08/07 (Fri) 00:11

盆休み

この仕事をしていて、こんなにものの見事に一週間休みになったことはない。病気でもなく、怪我でもなく。ただお盆なのでおやすみにしてください…そうみなさんがおっしゃる(^^ゞ

チョー、暇(^^ゞ。

ギター、上手くなるぜよ。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2015/07/19 (Sun) 20:07

龍馬伝

理由は自分でもわからないのだが、私は福山雅治という芸能人?が苦手である。平たく言えば大嫌いだ。
だから龍馬伝を見られなかった。
だのに、ここにきてhuluのせいでつい見てしまったのだ。
根が龍馬大好き人間だ。1話観たらもう止まらない。

見終わって、感じたのは、このドラマようできていると思ったことだ。
私の多くの龍馬ファンが罹っている司馬史観の感染者だ。
だからついあの小説の中の龍馬こそが龍馬!と思っている節がある。…いや、そうあってほしいと。。。
また、岩崎弥太郎に語らせるというあの形式は巧みである。
もちろん弥太郎も嫌い嫌いと言いながら龍馬が大好きという立場を取っているのだけど。

ま、少なくとも“竜馬が行く”と“龍馬伝”の違いは確実にあったようだ。
福山のお陰で暗殺シーンも号泣せずに済んだし(^^ゞ

それにしても…。
こういう話を見るに付け、あの時代、累々と屍を野にさらした志士たちの願った日本になったことはあるんだろうか。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。