--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/01/30 (Tue) 03:25

研ぎ出し

私には兄が二人要る。
次兄は親に似て非常に手先が器用だ。
門前の小僧よろしく、ゴツゴツした手で器用に洋服の直しができる。
親父は腕の確かなテーラーだったらしい。
しかし、センスが悪く、生来の怠け癖が災いし、店を潰した。

次兄は中学生の頃から釣りが大好きだった。
朝方からごそごそ起き出し、道具を調えて釣りに出掛けていた。
その兄が私に、ルアーならお前でもできるだろう…と教えてくれたのである。

あの兄ならルアーなぞ何の苦もなく玄人並みの腕前で仕上げたことだろうと思う。
いつぞやかも忘れたが兄貴が削り出しの漆塗りのチヌ竿を見せてくれた。なんともはや美しいできばえだった。
竿の本体は買ったものだろうと思っていたら、自分で塗り、削り出しをしたのだと言う。

竿に漆を何層にも塗る。
緑の上に青、その上に橙、その上が朱…絵心のない私にはわからないが、兎に角重ね塗りをするのだ。
そして、それを所々削り出してゆく。
その力加減で様々な文様が現れてくる。
その竿の仕上がりを見たとき、この人は自分と違う世界の人だ、血のつながりなんて絶対にない…そんな妙なことを感じた。

    ≫ read more
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/01/29 (Mon) 11:34

粛清

中学受験の行脚について思った。
塾にしたら実績がほしい。
例えば、関東の塾が関西方面に進出してくる。
その際、口やかましい親達はどんなことを言うかと言えば
『関東じゃ成功していても、こっち(大阪)のノウハウないでしょ?!それに使ってるテキストが関東の学校にしか通用しないでしょ!?』
これは私が以前に籍を置いた、関東出身の塾で散々言われたことである。
テキストに関東も関西もない。
違うのはうどんのおつゆだけだ。

しかし、“圏外” 受験はそうはいかない。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2007/01/29 (Mon) 03:55

ダメ男の末路

もう、寝ようと思いながらふと見るとこんな記事…。
※老後に夫と同居→妻の死亡確率2倍

老後に夫と暮らすと、妻の死亡リスクが約2倍に高まる――。そんな調査結果を発表した愛媛県総合保健協会の藤本弘一郎医長が愛媛医学会賞に選ばれ、28日に松山市で授賞式があった。藤本医長は「夫が日常生活の多くを妻に依存している高齢者が多く、肉体的にも精神的にも妻には夫の存在が負担になっている」と指摘している。



つまり、男は自分は体を動かさず、あれ取れ、これやれ、と指図するばかりで、おばあさんを労らないということだ。

クマブログにお越しになる男性諸氏。
自立しましょうね。
こんなこと言われたら寝覚めわるいですもんね!
自立していないのは子どもだけではなかったと…o(*^▽^*)o
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/01/29 (Mon) 03:09

ご馳走さまでした。。。

私は、高校に入学した時、それまでやっていた陸上に嫌気が差して、全く畑違いのことをしたくなった。どうも数字を追っかけるのは、本来的に好きではないのかもしれない。

ある日、弓道部を見に行った。雨が降る日だった。
道場は食堂の裏にあって、校舎の日陰になる。
なにか暗い感じがして、私はその扉を開けることを躊躇って
そして、やめてしまった。
今思えばとても残念である。


弓道部を持つ学校はそう多くない。
私はとても素晴らしいものだと思っている。
古武道はいい。弓道は、肉弾戦にならないから余計に好きである。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*10 | 分けられぬこと
2007/01/29 (Mon) 01:37

行脚の証

灘中は難度日本一の難関中学校である。
それは異存なかろうと思う。
本年度の募集は180名。
地元である阪神地区の有名塾の合格実績を拾ってみた。
馬渕16、日能研61、浜65、希49、能開5…。
これですでに190名をゆうに越えている。
何故か。行脚である。本来“圏外”である地区の子ども達が
塾の勧め(あるいは強い要望)で関東から受けに来たのである。

こういう塾にとっては、100人東大寺に合格者が出るよりも
1名の灘中合格がほしいのである。

基本的な考え方として、“本科生として通常授業受けた生徒”を我々は『塾生』と呼ぶ。
ということは、塾の掛け持ちは現実的には無理である。
平日の授業はどこそこで、日曜日の特訓授業は別の塾で…というのは
平日の塾の塾生なのである。

ということは、この合格者数と定員の開きは、関東勢が入学辞退と申し出て繰り上げ合格が確定した後の実績となる。
どこの誰が受けようが、最初の発表が本当の合格実績ではないのだろうか。

こんなことに入試は利用されている。
子ども達は名誉受験などといって利用される。
困った大人達である。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2007/01/29 (Mon) 01:05

お知らせ

先日、当ブログにて
偶には入試ネタ』をエントリーした。
その中で樟蔭中学校では今春より新しい校長先生が着任するとお伝えしたが、その件はご本人の体調不良が原因で取り消しになった。
後任についていては情報がない。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。