--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/03/31 (Sat) 22:00

不可思議也。お受験。

私は中学受験屋であるが、小学校受験というものがわからない。
ぶっちゃけ、お受験には言いたいことがヤマほどあるが、
同じ"界"に身を置く者のエチケットとしてそれはいかんだろうと自粛してはいる。

ただ、以前からずっと不思議に思っていることがある。それは"兄弟関係"に関するものだ。
私に近い人の証言に因れば、教育大附属小に通う子の弟妹はみな附属小である。
私立の帝塚山や、近小はそうではない。
私学こそ、兄弟関係は優遇かと思いきや、実は逆である。
これ、場合によっては辛いことになる。

ここで、ある疑問が浮かぶ。
    ≫ read more
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/03/31 (Sat) 03:40

グランパ

クマ塾っ子が新高校1年になる。
無事に中学を卒業できましたと、ある子のお祖父様が挨拶のお越しになった。
全く以て、恐縮至極であった。

取り立てて、さほどのことができたわけでもなく
肝心の成績が急上昇したわけでもない。

強いて言えば、クマ塾得意の相談役?
合間に洩らす悩みや不安。
そんなことに耳を傾け、
説教にならぬように、できるアドバイスはしていた積もりだ。

それが有り難かったと言っていただいた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2007/03/30 (Fri) 03:30

大店舗

先日、髪を切った話を書いた。
後でふと気がついたことがある。
私はずーっと、カットマンが何人もいて、何かする度に人が変わるという店を知らない。
元々そういうのが苦手なのかもしれない。

若かりし頃にいた塾の理事長と、ぺーぺーの私は会話など殆どしたことがなかった。
“~~をすぐやれー!”
“はいっ!”…それだけの関係だった。

その理事長が、私が初担当したある教室のオープン前の説明会で弁士を務めてくれた。

私は興奮と不安で眠れず、それこそ夜が明ける前に出掛けた。
駐車場に入った。
すでにクルマが止まっていた。

ん?誰だろう。…理事長の車だった。
車内で理事長が眠っている。
あー、この人も遅刻が怖いのか…。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/03/29 (Thu) 13:48

初物

地下鉄で通勤しているのだが、地下鉄構内には結構虫がいる。
蚊などはしつこくいつまでもブーンとまとわりついてくる。
そろそろボーフラ君が大人になる季節だ。

都会にもそれなりの自然はある。
夏になればジャンジャン蝉は鳴くし、寺の境内などに行けば甲虫だの蝶だのに出会う。

しかし、こんなところで…と可哀想になることもある。
まずもって絶対にパートナーに出会うことはあるまいと思うような場所で虫などを見かけるのである。

なんで君はこんなとこに来ちゃったの?

今日、地下鉄の駅でモンシロチョウを見た。
私の、今年の初物の一つだ。

天井の蛍光灯に何度も体当たりしていた。

どこか地上の駅で車内に紛れ込んで、駅で降りたのだろうか?

吸う蜜も 目指す相手もいない
なんだか不憫な蝶だった。

一面の菜の花や、れんげ畑を見たくなった。

母親はモクレンが好きだった。
あんな花のどこがいいのだろうと思っていたが
この年になって同じ心境になった。

木に咲く花とはなかなかいいものだ。
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/03/29 (Thu) 03:47

憑依

私は中学受験を経験していない。
よって、受験算数の師匠はいない。
敢えて言うなら、それはテキストであり、受験生たる子どもである。

どんなことでも見事にやってしまう人を見たら
その人の感覚を味わってみたいと思う。

例えば。
ピアノを弾く。ピアノが弾けるというのはどんな感覚なのであろうか?

むちゃくちゃ頭がいい。
どんな難問でも美しく、いとも簡単に解いてしまう。
これも一度経験してみたい感覚だ。

私には。
人が羨むような特技がない。
算数のできない子どもからは、“なんでそんなに簡単に解いてしまうん?!”とリップサービスを受けることもあるにはあるが。。。

逆に。
算数が非常にできない子の中に入って(取り憑いて…?!)みたいと思ったことが何度もある。
なんでここでこうミスるんだよ! と思うわけである。

憑依の仕方は、江原さんに教えてもらうとするかψ( ̄▽ ̄)ψ
Trackback(-) comment*2 | 分けられぬこと
2007/03/29 (Thu) 03:44

只今、籠の鳥

クマ塾の春期講習は6年生だけ。それも算数だけである。
講習が始まってしまうと、いくらクマ塾でも、私は籠の鳥。
身動きが余り取れない。

こういう時、一人でやっていることの不便さを感じる。

以前、体験に来た子の母親から、
『この塾、先生お一人でなさってますよね。』
『あ、はい』
『もし、先生倒れられたらどうなりますか?』
…そんなこと考えもしなかったが…
『いやー、そりゃ、状態がひどければ休みますよ(笑)』
…他に言いようがないし…

その時はおいおい!と思ったけど、今考えたらそれもそうかもしれない。倒れたらどうするべ?
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。