--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2007/12/31 (Mon) 20:27

大つごもり #2

私はクリスマスは性に合わないが、大晦日は大好きである。

今日で一年が終わり、明日が明ければ別の一年が始まる。
一年365日、時の進行は途切れることがないのだが、
今日だけは特別なワンクッションが挟まったような気がする。

間もなく日付が替わる。
この数時間が最も気に入りの時間である。
一年の計は元旦にあるそうだが、一年の結びを想うのが今日である。

結びなければ、計も立たぬ。

二日間の小休止でリフレッシュする。
1月3日には、受験生君達と初詣に行き、合格祈願をしてくる。
いよいよである。

早くも興奮状態の子がいて、小さな爆弾を投下してやった。
ビビるのはまだ早すぎる。
こんな時こそ、周囲をよく見て、落ち着いた時を過ごして欲しい。

さて、続編は後刻、年が明けてから…。
一年間の愛読を心からお礼申し上げますm(_ _)m
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2007/12/28 (Fri) 03:17

やり甲斐

子ども達にものを教える人間として一番うれしいことは、
解法がそっくりになったことを実感したときである。
あるいはその子の言葉の端々に自分の足跡を見いだした時である。

もっと嬉しいことは、クマの一言で進路が決まったなどと言われた時である。
ああしたら、こうしたらとはあまり言わないようにしている。
ただ、君はこういう長所を持っているから、それを磨き、活かせるこういう職業を目指したら?と言うことが多々ある。

先日から、高校1年生クンに盛んに勧めているのは、保父さん。
この君、小さい子に人気があるのだ。
こういうキャラは訓練ではなかなか身に付かない。いわば、先天性の能力である。
子どもが寄ってくる…。
それには子ども特有のアンテナが作用しているはずだ。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2007/12/27 (Thu) 02:04

違和感

以前にも似たようなタイトルで似たようなことを書いていたかもしれない。
重複はご容赦願うとして…。

私は今50を越えている。
自分で自分の年齢を受け止められないことも少なくない。
昔の日本人はもっと精神年齢が高かったような気がするからだ。

しかし、そんな自分でも趣味嗜好や価値観、事の善悪、“社会”の捉え方がやはり“おじさん的”になってきたことを実感することが多いのである。
別段、批判の矛先を若者に集中させる気ではない。

最近、ん?それはちょっとおかしいのではないか?と思うことが少なくない。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2007/12/27 (Thu) 01:47

数遊び

毎年の6年生にやるようにしているのだが、数遊びと称して数学の範囲に引きずり込んでみるのだ。
最も初歩的なのは、『マイナス』という言葉をつかわずに“負の数”を計算させることだ。
例えばこんな感じだ。
15-19+8=? という具合だ。頭の固い子はできません!と怒る。
順番を入れ替えて足し算を先にやってごらんと言っても、ふくれっ面は治らない(*^.^*)

この時、これを“+さんチーム”と“-さんチーム”と銘々し、何も書いていない先頭の数は+さんチームだよと教える。
さらに+は右に、-は左にという意味だと定義する。

で、こんな問題をさせる。
3+6-18-7+11=? 
これは、こう整理。
3+6+11-18-7
同じ“向き”は合計していいとし、
(+)20-25 となる。
答えは、-5である。0から左に5進んだ地点にいるということだ。
これで後は普通の足す引くに戻っても大丈夫なのである。

一時期インド式計算が大変持ち上げられたが、クマ塾では当初から工夫して
なるべく手を抜く計算を勧めている。
これが出来る子はやはり伸びるし、できない子は数学まで尾を引くようだ。
繰り返すが、数学も九九がすべてである。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2007/12/25 (Tue) 02:01

書けるうちに…

ホームページでの日記を止めたことで気が抜けたのかもしれない。やはり、ブログよりも“毎日書かなければ…”という気負いが少々重かったようだ。まぁ、大した文章が書けるわけでもないのだが…。

今日、24日から冬期講習を開講した。初日が祝日…随分迷った。
しかし、どうせ冬休みと高をくくって黙殺した。

塾には平常授業、季節講習、合宿という3種の授業形態がある。
どれも同じようでいて、実は微妙に違う。
そして、それは平常授業という本流に支流からの栄養分を流し込む役割がある。

週に1度とか、2度とかいうスパンでは脱がせられないオーバーコートがある。しかし、毎日来ることで、それが脱げる時がある。そんな時、ぐっと子どもとの距離が縮まる。これが重要なのである。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2007/12/25 (Tue) 01:44

クリパ

毎年、23日に実施していた。
しかし、今年は少々考えるところがあって、ジミクリにした。
ジミクリというよりは、本来の6年生激励会とした。まぁ、善哉食って、少々お話して、ほんの気持ち程度の景品を送っただけである。

昔からイベント下手だった。イベント事は社交性のない人間にとってはしんどいものである。
それよりは穏やかにちょっと美味しい物でも食べながらおしゃべりでもしようじゃないかという面白みのない人間である。

やるならやるで、サンタ服着てギターを弾けないこともないのだが…o(*^▽^*)o

不幸な生い立ちが、世の中の元気そうな喧噪を嫌う要因になっているのかもしれない。

そう言えば、今年の梅田は静かなような気がする。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。