--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/03/31 (Mon) 01:30

一挙手一投足

なんでも、高校野球で面白いことをしたバッテリーがいたそうだ。
『魔法のキス、ピンチ救う 智弁和歌山バッテリー』キャッチャーがピッチャーのほおにチュッ!
この後ピンチを抑えたというからすごい!(*^.^*)

私は球技が大好きだ。
中でも野球は格別な競技だ。
野球は実は『間合い』の時間が『正味』の時間よりも長かったりする。
所謂所作ってヤツである。

これがかっこいい選手がやっぱり一流に多い。
『様になる』んだろうなぁ。
私が知っている野球選手でこの『間合い』が一番格好いいのはナガシマである。
彼のサードでの守備はそれはそれは芸術品のようだった。

トンネルをしたのに捕球し、ファーストのワンちゃんに投げる“ふり”。
これをTVか何かで見た記憶があるのだが、こんなことはきっとナガシマにしかできない。

そういう意味じゃ、今の選手はユニフォームの着方から勉強すべきではないのか。
あのトレーニングパンツのように長いパンツはいただけない。
イチローは昔ながらの短いものを着用している。
実はこのタイプの方が機能的なのだそうだ。
イチローの道具への拘りには感心させられる。

所作といえば、桑田が印象的だ。
怪我をして復活した時、マウンドに肘をつけてから投球練習をした。
今回もマスコミのリクエストなのだろうが、ボールを持ってマウンドに肘を付けていた。

皆色んなクセがあって面白い。

如何にぶれをすくなくするかということに神経を集中させる。
そのための所作である。
あれだけ一流のイチローでさえ、打率4割を越えられない。
飛んできた球を安打にする。この比率が4割を越えない。
これほど難しいから野球は面白いのである。

私と発音が“どうせいどうめい”の新井貴浩が良い感じだ。
タイガース(ファン)は広島に足を向けて眠れない y(^ー^)y m(_ _)m
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2008/03/29 (Sat) 03:06

花冷え?

2月が短いので余計に3月は長く感じる。
人間の感覚とは面白いものだ。
それにしても暦を作った先人の知恵には本当に感心してしまう。

本格的な春があと一歩のところで踏みとどまっているような気がする。
もうとっくの昔に春分の日も過ぎたのに、ここのところ陽が落ちると随分と寒い。
こういう気候の時は風邪を引かぬよう注意が必要だ。

今年もこぶしの花が咲いた。
桜もちらほらである。

一年にたった一度ぱーっとあでやかに咲く花。
まぁ、花はみなそうなんだが、中でも桜の咲き方は昔の日本男児に似て、一種潔さを感じてしまう。
日本人の武家社会には可憐な梅とあでやかな桜がマッチしていたのかもしれない。

私の春もどうやら始動しはじめたようだ。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2008/03/22 (Sat) 03:12

白袴

ある高僧が末期ガンに冒された。
ガンであると確信し、主治医に詰め寄った。
私は宗教家である。動じない。だから告知してくれと哀願した。

その病院の方針に反し、主治医はガンを告知した。
途端、高僧は子どものように泣きじゃくって、死にたくないを連発したという。
無理もない。

こんなえらいお坊さんの話を例に引いてはいけないかもしれないが、
ある種、質が似通っている。

子どもが学校で突飛らしい。
言動の荒っぽさからあちこちで衝突をしているらしい。
学校から指摘を受けた。
私の最も忌み嫌う点である。

今、スキー学舎に行っている。
もう少し早く知れば、学舎になど行かすべきではなかった。
帰ってきたら、時間を取って話をしたい。

子どもが何かしでかしたとき、親は自分が親であることを痛感する。
子どもが居ないことが無性に寂しい。
このような気持ちは久々である。

成長するまでには本当に色々な問題が起こる。
余所様のお子さんを預かる仕事に就く私に、天はこうやって警鐘を鳴らしてくださる。

しっかり地に足をつけて歩まねばならない。
お前の腹は大丈夫か?と問われているような気がする。

Trackback(-) comment*2 | 自分のこと
2008/03/21 (Fri) 03:15

サンコン

サンコンさんという御仁をご存じだろうか?
ケニアの外交官?だった人だ。(この人ソルボンヌ大学出身である!)
その後、日本のテレビで人気を得た。

何かの番組で彼はこう洒落た。
“日本来て、目が悪くなったよ。”
そうなんですか。視力どれくらいですか?
“今、3.5だよ~”
えーっ!そうなんですか? じゃ、ケニアに居るころは?
“ケニア居るとき、6.5だったよー”
と馬鹿げている。
彼には2km先の牛が見えたという( ̄∀ ̄*)

人間は利器を手に入れるたびに、それと交換に能力を手放してきたようだ。
灯りで視力を、乗り物で脚力を。
そして、デジタルで言語能力を…。

もう大変である。
そのうち、言語が統合されるんではないかと思ってしまう。
今のような込み入った言語体系は不要になるんではないか?と
これはシニカルなSFである。

結局、“読み・書き・そろばん(計算)”だな。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2008/03/20 (Thu) 21:49

まずは道具

今日、20日。
Nobuさんにご同行してもらい、パソコンを購入した。
速読教室に使うマシンである。

このシステムがXPでないと動かないということで、初めは中古でもと思ったのだが
そこはプロのNobuさん。安くて、良い新品を見つけてくださった。

最早“旬”はビスタであり、XP搭載モデルは実は妙に高いのである( ̄u ̄;)

購入したマシンはミッドタワータイプで、Celeron搭載。
余計なソフトを入れなければ(ここが何とも…)、しゃかしゃか動く。

新しいパソコンはだから気持ちがいい。
でも、使っているうちにいろんなものがたまってくる。
整理下手な私のマシンは散らかり放題だ。

今、私はこの原稿をHyundaiのモニターで見ているが、新しいモニターはBenQである。
こちらは台湾系だ。
時代は変わる。

パソコンの部品や周辺機器を見ていると、まだまだ日本は大丈夫だなぁと思ったり、
いやいやこういう状態が続くに従って後発にのまれちゃうのではないかと不安がったり…。
そうは言っても、技術力には相当な差があるようだが…。

しかし、やっぱり子ども達はもっと厳しく鍛えなければ…と、この落とし所はいつも変わりがない。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2008/03/20 (Thu) 03:32

教え 育む

教育という熟語をばらすと、教えと育みということになる。
手取り足取り、“ああだ、いやこうだ”とやるのは、やっぱり“育てる”。

対して、場を提供し、その子の発達に伴った機を与えて行くのが育み、かな。

私はと言えば、両方したいわけである。

ちょっと驚いたことに、我が子にまでそうして接してきたようだ。

猛省している。

最近になって気が付いた。

上手に放す。

良い距離を置く。

それでいて、ある時は感情的に叱る。

これはいけないようで、実は絶対に要るものである。

親しか感情的に叱れないからである。

子どもが難しい年齢に差し掛かった。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。