--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2008/12/26 (Fri) 02:39

不信教、故?

天の邪鬼だからではないと思っている。
私はクリスマスが好きではない。
恐らくその理由の大半を占めるのは幼児期の切なさに由来している。

徐々に世の中のことがわかって来、実はなんのことはないと高をくくった時、改めて嫌いになった次第。

でも、純真な子ども達の中には信じ切っている?子も多い。
夜中にサンタさんがやってくる…。それ自体はすてきである。

だが中には、そう思っていると言わなければ何も買って貰えないという声もあったりする。なかなか強かではないか。

私のクリスマスはチャップリンの死にも繋がっている。
学生バイト時代、報道機関の中でそのニュースを聞いた。

貧しき民のヒーローだったチャップリンはリッチマン過ぎて二枚舌の過去を捨てた俳優だととの非難もあった。しかし、それでもあの街の灯はどうだ。20世紀のマッチ売りの少女ではないか。

12月はレノン、チャップリン…と命日が続く。

私にとっては、彼ら二人を偲ぶことが唯一のクリスマスである。

天高く、セント‐ニコラウスは苦笑しているに違いない。
いやもう苦笑することにも飽きてしまったか。
今年は、プレゼント交換発祥の御国でも、商戦は勝算ありやなしや…。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2008/12/19 (Fri) 03:16

曲がった野菜

家庭菜園で野菜を育てたことがある方は覚えがあるに違いない。
野菜はまっすぐ育たない方が多いという。そして、その方が美味いともいう。
これは私の未体験ゾーンなので、えらそうなことが書けない。来シーズンはトライしてみるとするか。
なんでも、マンションのベランダでプランター置いて菜園作っても結構な収穫があるという。
カリウムたっぷりの野菜でも作ってみようか。

日本はありとあらゆる“もの作り”を中国に任せてきた。
服に食い物、そして雑貨。
価格を崩壊させ、大衆は群がった。
が、それにはしっぺ返しがあった。
空洞化、である。
一体日本の実体はどこにあるんだろう?

最近、中国産の食い物に厄介なものが混入され、敬遠されるようになった。
困った中国は今“日本離れ”を図りだした。
ウナギが好例だ。

北海道産のサケを日本人は好まないという。
焼いて赤いサケがいいらしい。
南米や北米産である。
おまけを言えば北海道産のサケは中国人が好みだしたという。

ここに何らかの悪寒を感じない方は日本はまだ大丈夫神話の催眠が解けていない人である。
曲がったきゅうりや二股の大根を忌み嫌った金持ち日本人。
今この期に及んでもまだ性癖を改めようとしない。
金が減り国力の弱まった日本に、そして世界の食堂(道?)中国に嫌われた日本の胃袋はどこが埋めてくれるのだろうか?

今こそ国営の農業会社を起業させるべき時ではないのか。
かつての日本がそうだったようにこの20年ほどで中国の農業離れは進む。
大きなビジネスチャンスがそこにある。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
2008/12/14 (Sun) 03:57

vintage

vintageとは、“年代ものの, 古くて値うちのある…”という意味である。
3年ものならただの中古だが、50年も持ちこたえたものならビンテージになるという理屈。

一時、その手のギターが欲しくて探し回ったが、あほらしくなってやめた。
ビンテージとは名ばかりでただの中古ギターが殆どだった。ちょっといいなと思ったら馬鹿ほど高価だ。こんなんだったら新品をじゃかじゃか鳴らして育てたるわい!と思った。

私も50年ものである。
色々なことがやっとわかりかけてきたと思った矢先、あちこちが傷みだした。
そしてたばこを断った。
これができたことが遠因になったのか、些細な決め事が三日坊主で終わらないようになった。
自信なんだろうか、ニコチンの副作用?が抜けたためだろうか。

7月から寝る前にストレッチとほんの少しの体操をしている。
秋の初め、風呂上がりに鏡を見てちょっと嬉しかった。
この年になっても筋肉はちゃんとつくものなのだ。
女性は体の緩みを非常に気にするが男だって、いろんなところが垂れてくる。

一番はズボンが格好悪くなる。
おしりがきゅっと上がってないとだめである。
まぁそこまでは望むべしもないが、せめてもう少し…と思って始めた体操。
もう5ヶ月が経過した。微熱があっても辞めなかった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2008/12/10 (Wed) 03:23

性格

性格は変わらないし、変えられない…と言われる。
しかし、そうなんだろうかと疑心暗鬼である。

人間を50年もやっていると、30よりは40。40よりは50…というように段々物事の見え方がゆっくりになり、視点が変わってくる。様々に付いた知恵や経験でそうなることも多かろうし、成功や挫折によって得た経験の影響もあろう。

間違いなく言えることは、良い景色を見るのに二十代では車に乗って見ていたような気がするのである。それが三十代、四十代と年輪を重ねるに従って、速く・たくさんの物の前を通過し、それを以て『見た』と称することの馬鹿馬鹿しさに気が付くのである。

昔の人は人生五十年だったという。勿論過不足はあるんだろうけど、七十を越えれば長命だった。
今の時代よりも遙かに人間の行動範囲は狭かった。恐らく、自分の足元からじっくりと視点を上げてゆき、まじめにこつこつと歩んで行ったに違いない。

今、世界の主立った国が揺らいでいる。人間が考えた絵空事の“社会”という場で、マシュマロのような成功を勝ち誇っていたのが嘘のようだ。

きついジョークになるのだが、セカンドライフとかいう馬鹿げたバーチャルゲームは今でも流行っているのだろうか?
一体何がファーストで、何処がセカンドなのか…。

いわゆる昭和のニホンジンである私などは、あまり長生きしないほうが幸せなのかも知れない。
アジアが元気だ。そのフラッグシップは中国が振っている。のぼせ上がって、結果、今の先進国と同じ憂き目に遭うことを彼らは、確実にわかってはいまい。

こんなことをしていたら、本当に猿の惑星になるか、沈没するか…。
永久に栄えるということは、やっぱり無理なのだろうか。

今日は乾いたスポンジが水を吸うような発想しか浮かばないm(_ _)m

ところで、私は。
性格は簡単に変わると思い込んでいる。
生き方次第では、だ。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2008/12/09 (Tue) 03:22

特別な日

若い気持ちをなくさないようにするには、若い頃に聴いていた音楽を聴くのが最良らしい。なるほど、聴けばその当時の事がまるごとセットで沸き上がってくる。

1980年の12月8日、ジョンレノンが暗殺された。
ミュージシャンが銃で撃たれて死ぬなんて…。
それも、ビートルズのジョンが…。

当時25才の大人だった私はそれでも一瞬にして少年に戻ってしまって泣いた。
不惑を迎え、復活を果たそうとする不死鳥のようだと思っていたジョン。
その人が妻の目の前で撃たれて死んだ…。

20年近い時を経て、ジョンの新譜を手にした。
ジョンレノン、アコースティック。

ギター一本で歌っている。
まだ削り出しの名曲達。
これがあぁなってゆくのか…と未来からやって来たリスナーは感嘆するのだ。

哀しい。あまりに哀しすぎる歌声。
切ない旋律。

ポールはビートルズのサウンドに華を与えたが、ジョンは野太い背骨をくれた。

ジョンが亡くなってもう28年も経つのか。彼がどう歳を取ってゆくのかを見るのが楽しみだったのに、彼はヒントも残さずあっさり逝ってしまった。

ニューヨーク時代の初め、彼はちょいと取っつきにくかったが、子どもが出来て角が取れたのか、とても良い感じのミドルになっていた。
亡くなった翌年の夏にジョンの名前で武道館が押さえられていたと知って、改めてチャップマンというあほな男に腹が立ったものだ。

12月から2月にかけて、あまり良いことがない季節。
キリストのなんたるかを解せぬ私には、年々クリスマスという馬鹿騒ぎが薄ら寒い。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2008/12/06 (Sat) 02:37

民意

衆議院は民意をより反映する議会である。ために任期短く、解散もある。
一方、参院は衆議院の若気の至り?にブレーキを掛ける役目を果たす、大人な議会である。今、この二院が捻れている。

衆議院は前回の選挙で空前の大勝利を自民が収めた、その過去の栄光、つまり小泉遺産で回っている。この人の起こしたブームに民意は反応したわけだ。しかし、今や、郵政民営化まで見直せという声も上がってきている。

民意とは一体何なのか。民意を持つ、民はもっと学ばねばならない。
では、その民意をカードのごとく乱発している民主はどうだと見渡せば、幹部は元自民ばかりである。
日本には本当の野党はないという理がここにある。

選挙前に2週間が政治活動の8割では困る。ところがその“活動”でもって、民意は反応する。欧州人などから見れば滑稽であろう。選挙といえば、候補者の名前の連呼しか浮かばないといっても過言でもあるまい。かといって、アメリカの大統領選挙もさりとてものものとも思えない。

世界同時多発軽薄化だな。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。