2009/02/26 (Thu) 03:10

写真

ちょっとカメラのことが解れば、人間の目というものが如何に優れているかを思い知ることになる。

カメラの進歩は、そういう意味で言えば、人体への挑戦である。
決して、同じになれることはないがちょっとでも近付きたいという切なる思いが進歩の源なのかもしれない。

私達はどんな照明の下でもちゃんと元来の色を見分けることができる。
しかし、これがカメラではなかなかできない芸当である。
勿論、自然光が最も与しやすいのだが、蛍光灯、白色灯など実に人間が作り出したが多種多様の灯りが故にカメラは当惑する。
“色かぶりという一種のミス”を起こすのである。

逆に、人間の目では絶対に見えないものがある。
それは瞬間である。
文字通り、瞬く間の物体の動きをカメラは平然と捉える。
“肉眼”では決して見ることのできない時間をスライスにして、切り取って見せてくれるのである。

ここがカメラの良さであり、同時に怖さでもある。
心に秘めた想いがシャッターの一コマに物の見事に再現されてしまうことも少なくない。
だから写真が面白い。

そして、取ってすぐに見られるデジカメはそういう意味では病みつきになるオモチャである。

どこかで読んだ話だが…。
料理の写真を撮る。撮った後の料理は、どこか美味しさに欠けるというのである。
これに似た話を他でも聞いたことがある。

写真を撮ったら、魂を抜かれる…と、同じ迷信なのだろうか。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2009/02/26 (Thu) 02:57

理由(わけ)

行動心理学などという恐ろしい名の学問がある。
人間の行動をパターン化し、その共通因子から背景となる心理を探ろうということになるのだろうか。

授業の終わりかけに何度も時計をチラ見されたら、“そうか、オレの授業はそんなにつまんないのかっ!早く家に帰りたいんだなっ!”と拗ねてみるより仕方がない( ̄‥ ̄)=3

しかし、そうは言っても人間の行動には必ず理由がある。
私などはそういうとこいら辺から子ども達にアプローチするのがモアベターなのかもしれない。

人間は動物界で唯一自らに決め事をし、それを守る知性と理性を持っている。
しかし、それにもやはり限度があって、行動の理由の根っこにご馳走が用意されていなければいつまでも決め事を続ける気持ちが失せてくる。

ご馳走とは、近くの存在が認めてくれるということであろうか。
あるいは、自己満足でも、自分の存在意義をそこに見いだせている間は続けられるのかもしれない。

詠み人知らずの名言を持っている。
“人は明日の朝起きる理由がなくなったら死ぬ”のだそうだ。

しかし、これとていつシャットダウンされるか解らない。
逆に言えば、だからこそ怖がらずに生きていけるのである。

わかったような、解らないような話になった。
Trackback(-) comment*4 | ちょっとした話
2009/02/20 (Fri) 02:59

大変…とは。

ある人と話していた。
氏曰く。“大変って言うでしょ?大きく変わるから大変やねんね。でも、最近の日本人は大して変わり映えしないことでも変えた、変えた!って誇大に言いますね。”

なかなか含みのある言葉である。

私らの業界大手のチェーン塾の中にも、“変えた、変わった!”組が少なくない。

ん?そんなに毎年、カリキュラムや教材を変えるってことは、じゃ、その前のシステムで習っていた子は損したってことですかい?と突っ込みたくなる。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2009/02/20 (Fri) 02:45

大人がいけない日本

久々に赤の他人に文句を言った。
コンビニのレジーに並んでいたら、一人の初老の男が入って来た。
たばこをくわえている。まさか!と思いながら凝視した。
火が付いている。

何も考えずに普通に“おい、消して入って来い”と口走っていた。
その男は何事もなかったようにそのまま私の後ろへ並んだ。
消せって云うとるやろ!と語気を荒げた。

うるさいな!消すやろ!と来た。
10年若かったら、そのおっさんは間違いなく床に沈んでいたはずである。

私は食品をレンジに入れてもらっていたので、そのおっさんより後になった。
店員の人に礼を言われた。
“ああいう人が多いんです。私らが云っても逆ギレされるだけです。よくぞ云ってくださいました。ありがとうございます。”と。

日本人から手先の器用さと礼儀正しさを除いたら何が残るというのだ。

弱者に冷たく、自己中心的な国柄になってしまった日本。

大人がいけない。

そんな大人が子どもの前に立ち、物を教えたり、受験に導いたりするのである。

結果は火を見るよりも明らかではないか。
Trackback(-) comment*4 | もの申す
2009/02/20 (Fri) 02:31

同心円

先日、高校3年生の子が挨拶に来てくれた。
今春、大学生になる。
いよいよ、ほんとうにクマ塾を卒業である。

受験の事、進学先の大学の事、将来の事…いろいろな話をした。

ところで何年居た?

えーっとね、小学校1年の終わりからだから、2、3、4…11年!

…!!!

最長不倒距離である。つまりこの子は開講時から居てくれたのである。

大人しい子だ。自分の感情をあまり表に出さない。

お人形さんのように可愛い子で、多分どこに行っても周りから大切にされる人になるだろう。

これからも近くにいるんだから、何かあってもおいでね。いや、何もなくてもおいでね。
そう云って送り出そうとした。

その子が云う。
クマさんにだっこされてギターを弾いてもらったのをすごく覚えてる…。

私は、こういうのにすこぶる弱い。

チョコの箱にメモ用紙を挟んでくれる子もいる。

こういう紙は絶対に捨てることができない。

私のファイルの中には合格通知の写しと共にこういった類のメモも挟んでいる。

色んな距離感で子ども達は集ってくれる。

有り難いことに私というちっぽけな存在が中心の同心円に居てくれる。
Trackback(-) comment*6 | 塾のこと
2009/02/12 (Thu) 02:02

At seventeen

私は17の夏に父親を亡くした。
母と離婚して一人で暮らしていた父が、修学旅行を目前に控えた私に電話を寄越した。
“盲腸らしい。お前が修学旅行から帰る頃には退院していると思うから、そちらの家にしばらくおいてくれるか?”という内容だった。母は渋々OKを出した。

まさかとも思わず、小遣いをもらい、私は九州に行った。
母がどこかの駅まで迎えに来てくれた。気に掛かっていた私は即座に聞いた。“おやじは?”
“それがなぁ、どうも様子が変やねん。あんた明日でも病院行ってくれるか?”

なんとも言えない嫌な胸騒ぎを覚えながら病室のドアを開けた。
絶句した。一回り、いや二回り以上小さくなったオヤジがそこに居た。
変わり果てた形相が残り時間の少なさを雄弁に物語っていた。

あっけなく、彼はその夏の終わりに57才の生涯を閉じた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*2 | 一筆示し参らせ候
profil
archive