--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/04/27 (Mon) 02:02

双方向通信

デジタル放送は双方向通信ができるというのが売りのひとつである。
しかし、こんなものただのリクエストが出来るだけであって、テレビから垂れ流される情報の氾濫は止めようもない。
自然、受け身になる。さもありなんである。

私など、今更ながらに、ポールサイモンがもう30年以上も前に歌の文句に、
“僕の知りたいことなんて天気予報に全部載っている”と歌った感性に下を巻くばかりだ。

そう言えば、有り難くもない地デジ移行。
うるせぇ~なと思っていた。少なくとも私にはなんの関係もない。
そのイメキャラのつよぴんが羽目を外しすぎてしまって大騒ぎである。
同情論もあるが、酒の所為にする愚行は私には信じられない。
    ≫ read more
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2009/04/27 (Mon) 01:36

farmとfactory

当ブログにコメンターでよく登場してくださるおっくんと話していて、彼の口から出た名言である。
我々はfarmでありたい。世の“塾”はfarmに非ず、factory也、と。
言い得ての妙である。戴いたm(_ _)m

そもそも“塾”という字は“土”が付く。
ウエブ辞書で引いてみれば、“ 年少者に学問・技芸を教える私設の小規模な学舎”とある。
すると、“大手塾”という存在はあり得ないという屁理屈がここに成立して愉快である。

ぐだぐだとくだを巻いていても仕方あるまい。
先日こんなことがあった。

もう高校生になってしまった、クマキッズが小学生の自習につき合ってくれていた。
その子の前に座った私が筆記具を取ってくれるように頼んだ。

言葉尻は乱暴だ。
だが、その子はさり気なく筆記具の向きを変えて渡してくれる。
正直、こんなことを言うのは心苦しいのだが、その子のここまでの学習姿勢は決して褒められたものではなかった。
しかし、私はこういう所作に頗る弱い。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*4 | 分けられぬこと
2009/04/19 (Sun) 04:09

音楽夜話 #unknown

有名人とは気の毒なものである。
自分の辿った足跡を随分あとになってから白日の下にさらされたりするわけである。

ジョージハリスンにsomething を、クラプトンにLaylaとWonderful Tonight を書かせた女性がいる。
二人のギタリストに愛されたパティーボイドという女性である。
ヤァヤァヤァ!でジョージと出会い、結婚したが、後にクラプトンに略奪され再婚する。

その女性が今頃になってのこのこ出てきて、本を書いたそうだ。
今見たら、どうしてこんな女性に?と思うのだが…。
ま、それを言ってはお仕舞いである。
お陰様で我々はいくつかの名曲に出会えたわけである。
恋は男を詩人にしたわけである。

ただし、この二人はそういう複雑な関係があったにもかかわらず友情を保ち続けた。
この辺りがやはり凡人のそれではない。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | 趣味の話
2009/04/13 (Mon) 00:01

ミドルキッズと...

先日、教室に電話が掛かってきた。
昔の塾生の親御さんであった。紹介頂いた子について心配の電話。
今時、こんな温かい他人様を知人に持つのは、なんと幸せなことか…。

さて、その電話に出ている間に卒業生と塾生達が何やらこそこそとやっていた。
受話器を置くなり、“な、クマ。今度の日曜日海遊館行かへん?”という。
“えー!その日は夕方まで授業だよ。軽くボウリングくらいならつき合うけどなぁ”と返答した。
“じゃ、僕たちは昼から海遊館に行って、夕方合流しようよ”と、話はトントン拍子に決まった。

一年ぶりのボウリング。
ちょうど行きたいなと思っていた矢先で、タイムリーだった。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*2 | 自分のこと
2009/04/11 (Sat) 03:03

僕とフリオと校庭で...久々の音楽夜話...

you tube で遊んでいたら、ポールサイモンの佳曲に再会した。僕とフリオと校庭で…というアップテンポの曲だ。
私はこの人の印象的なギターフレーズにドキッとし、深みのある歌詞に慰められることが多かった。
“同じところに居た人だ”という妙な共感があった。

今年、サイモンとガーファンクルが来るという。
何が何でも行ってやろうという気がまるでない。寧ろ、よせばいいのに…とどこかで冷えている。
一夜限りの飛び入り参加で再結成するのはいいが、ワールドツアーは如何なものか…。
最後、最後と行って何度もワールドツアーをしている大物も居るので、まぁいいか。

America,Old Friend/Bookend's theme,Mrs.Robinson,The boxer...翠玉の名曲達。私達はその名曲に心温められ、涙して育った。
どうか、その夢心地を壊さないでほしい。

    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2009/04/06 (Mon) 03:51

晴耕雨読

私達は非常に便利な世の中で生きている。
しかし、私のような人間にはそれは快適ばかりとは言えない。

生き物にとって、摂餌は命懸けの所業である。
しかし、私達はお金という“金属”に別の価値観を設定し、流通させ、それを以て分業を始めた。
食べるためのみに働いた人。一手間を惜しまないどころか、手間だけが生活の“邪魔”だとやがて考えるようになる。

生きるとか、暮らすとは本当はどういうことなんだろうか?
そんなことに思いを馳せてしまう。。。

自給自足で暮らしている人はこの世にも現に居る。
私などから見れば神々しいばかりである。

夜と昼の意味が我々と違うはずだ。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。