FC2ブログ

Archive: 2009年06月  1/2

オレ、マメ…#1

ボク、クマの愛猫、マメ。クマんとこに来た時のことはよう覚えてない。400gやったらしい。母猫から引き離され、一旦別の家に預けられ、んで、クマんとこに来た。哺乳瓶でミルクやって育ててんぞ!と自慢しとるけど、そんなん知ったこっちゃない。最近、夜中にクマのパソコンの前によく行く。何や夜中にゴソゴソしてるわ。んで、時々おっかしなことしよるから、オレ、こっそりブログに上げたんねん ̄m ̄ ...

  • 2
  • -

衝撃

追っかけて聴き続けたという訳ではないが、やはりこの人に音楽ファンとして敬意を表したい気持ちは大きい。心にずっと残る曲も何曲かある。若い世代に、マイケルは、すごい人“だった”んだよと伝えたい。突然の訃報に少なからず衝撃を受けた。この人に纏わる色々な事件やゴシップを思い起こした。素晴らしいエンタテイナーでありながら、なんという不遇の人生。どうか、安らかに。。。今宵は、やはりスリラーを聴くべしか。。。...

  • 4
  • -

この人だけには・・・

国政に出しゃばってほしくないなぁ。喉元過ぎても忘れちゃいけない熱さは、日本人にはないのかえ!?...

  • 0
  • -

経年臭

No image

経年臭という嫌いなことばがある。何故かと言えば、自分が“年を経た”人間だからに他ならない ( ̄‥ ̄)=3 しかし、思うのである。電車に乗っていて、若い子がたくさん乗ってくる。すると“臭う”のである。しかし、年配のサラリーマンが多数乗ってきても、臭わないのである。どころか、気を遣って香りを忍ばせたりしている人だって少なくない。経年臭を論い、中・熟年を遠ざける前に足元を固めた方がいい。今日書くブログは、“冷たさ”...

  • 0
  • -

敢えて…という発想を

No image

先の話のいわば続編である。世の中便利だ。便利なものを文明の利器などと称する。その利器がなかった世代の人にとってそれは利器であり、生まれた時からその辺に転がっていた人にとってそれは利器でもなんでもない。便利は引き替えに知恵と工夫を奪う。休日、テレビもゲームもマンガもパソコンも禁じて子ども達と過ごしてみればすぐわかる。今の子ども達、いや大人も含めて、現代人は道具がないと遊べない。道具に遊ばせてもらって...

  • 0
  • -

小さい事

No image

世の中、便利で快適である。しかし、こういう社会は得てして冷たいところがある。何故か。個人を尊重するあまり、他人を見なくなるからだ。こんな社会は“流れに乗れない者”をそれとなく排斥してゆく。街を地下深く沈め、体の自由が効かない人が行き来しようとする気力を削いでいる。地下鉄の職員が車いすの乗客の介助に出てくるのも、何年か前の“お手当”の件を聞いて以来嘘っぽい。そんな社会。子ども時代から、豊かさにかまけて“...

  • 0
  • -