--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/08/18 (Tue) 02:34

友人宅に長年?保管されていた、ジャパンメイドのギターを触らせてもらった。
恐らく20年以上弦を張り替えてないとおっしゃる。
変に力が入る( ̄∇ ̄*)ゞ
結局、偶々ケースにあった予備の弦に張り替えようということになった。
張って鳴らしてみたら、驚くほど良く鳴るギターだ。
音の深みにはさすがに掛けるが、年を経たギターだけがもつ枯れて抜けた音。
なかなか味のあるサウンドである。
ヤマキにはこういうギターが多いと聞く。

私はいつもライトゲージの弦を使っている。
ゲージにはヘビー、ミディアム、ライト、エクストラライトがある。
我が愛器には『ライトかミディアムゲージのみ使用』と刻印されている。
ギターの強度によって、ゲージが指定されているのである。

私は手が小さいし非力である。だから間違ってもミディアムなぞは使わない。
どころかライトでもどうなの?と最近思い始めている。
そんなに力入れて弾かなくても、ソフトタッチというかライトアタックというか、力を抜いた方がよい音色が出る。そんな感触を最近やっと体感できるようになったばかりだ。

ギターは弦が震えて、ボディがそれを増幅して外に出す。
よって、弦は音の源流である。
その弦とは一体なんだろうと思うのだ。

それはそうと、これだけリサイクルで喧しい世の中。
どうして弦の事を指摘する人が居ないのだろう?
いや、知らぬは私だけなのか?
ギターショップに使用済み弦のボックス…なんてないですよね?
スポンサーサイト
2009/08/14 (Fri) 21:54

未完成ですが…

夏合宿の写真をウエブアルバムにアップしました。

こちらです。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2009/08/10 (Mon) 02:16

合宿

私は合宿の案内にいつも記している。
学習は講習でするものである。合宿は目に見えないテキストをこなしにいくものだ…と。
年々歳々その思いは強いものになっている。

しかし、だからと言ってクマ塾の合宿が何か専門的な教育システムを採用し、精神面を鍛えるプログラムを組んでいるかと言えば、そうではない。
親元から離れ、集団生活をするだけである。
その中で色々な経験をし、それを乗り越えることで自信を付けてもらいたいのである。

ナーバスになって泣いてしまう子もいる。
普段殆ど喋らないのに、びっくりするくらいべらべら喋る子もいる。
ご飯の食べ方、部屋の片づけ、机上の整理、友達との接し方、タテの関係…こちらが感心するくらい色んなことがある。それをすくい上げて子ども達の前に並べ、そして皆で考えてゆく。あるいは有無を言わさず捻り潰す…実際そういうことも少なくない。

殊更に小さくなる必要もないが、かといって脚を広げて座るのは行儀が悪いではないか。
つまり社会の縮図がここにある。

我々の時代は世間が貧しかった。日本が発展途上だったからだ。
だからこそ『当たり前の教育』が自然にできていた。
ところが今はそうではない。昭和がレトロと呼ばれるに至って、私ら世代から言わせれば、新人類と言えるような言葉の通じない日本人が増えたのである。
日本は繁栄を極め、それがために公達のような子女も少なからず居る。
中学受験の国語などに戦後の混乱や戦争の悲惨さ、貧困の辛さ…そういった題材の出題があるが、授業で扱うにつけ、虚しさを感ぜずには居られない。

ま、それは兎も角。集団生活。
小さな衝突や小さな感激がたくさんある。
学年を越えた連帯感ができる。
下は上を、上は下を見る。勿論、年齢のことである。

IMG_6779.jpg


自分が小学生だった頃、できなかったことを教えている中高生を見ている私は、祖父母感覚である。
自分が教えた子がその下の子に教えてくれているのである。
これが上手だったりすると堪らなく嬉しい。

_MG_7400.jpg


本当は漢方薬みたいなものなのだろうが、特効薬のような効き目を期待する。
その気持ちは子を持つ親としてわからなくはない。
が、そんなにすぐに変われる子は居ないのである。

心を開けっぴろげにした笑顔。
まずはこれが大切である。

line_7096.jpg
Trackback(-) comment*2 | 塾のこと
2009/08/09 (Sun) 20:11

帰阪

本日、合宿から無事帰阪した。
4日目意外は終始、曇天続きだったが、ものの見事に雨をかいくぐって全ての予定をこなしてきた。
他の受験合宿なら晴雨が関係ないのだろうが、クマ塾の合宿はレクリエーションが大きな意味を持っているので、お天気は合宿の価値を大きく左右するのである。
今までの合宿で雨のために何かしなかったということがほぼない。
遠足も同様。とにかくそういう意味でクマ塾っ子達はツイているのかもしれない。

5日間、 非常に穏やかで、和やかで、スムーズな合宿であった。トラブルも皆無だった。
中日の『天体望遠鏡を組み立て、星の観察をしよう!』という試みは、我が旧友、おっくんこと奥村先生のご厚意によって実現したのだが、この日などはちょっとオーバーに言えば奇跡的にツイていた。

sidou.jpg


前日、中日のレクレーションを午後に回すと決めた。
当日、午前中ずっと雨。もう外には出れないとほぼ諦めかけた頃、雨が上がり釣りに出た。
そして夕方の星の観察。
望遠鏡をワイワイガヤガヤ言いながら組立に小一時間。

datchie.jpg


scope.jpg


それまで曇っていたので、星は無理だねと言っていた。
完成し、見え方のチェックをしに外へ出た。晴れていた。
東側の山のてっぺんが赤い。
ん?ドライブウエイの街頭か?
ん、動いているかな?
ん?うん?! わー!月だ。

tuki_no_de

早くみんな外においで!と私が一番ハイテンション。
次々に望遠鏡を片手に外へ。

月がゆっくりと昇って、山のてっぺんから顔を出した。
なんと、満月である。

お断りしておくが、事前に調べてその日に当てるような人間では、私はない( ̄∇ ̄*)ゞ偶然である。その偶然の連続に驚き、同時に子ども達の運の良さに舌を巻いた。

合宿とは子ども達が作るものだとという持論がまた強いものになった。
要するに『ドア』の前まで子ども達を連れて行くのが私の役回りなのである。

『先生は五者たれ』と言うが、その中に感動のお膳立てということも入れるべきである。
そういう意味では今年の私にはマルをあげていいかもしれないと密かに思っている。
ノートラブルで帰阪する目的は無事に達成した。
が、もう一つの私の目標は宿題になった。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2009/08/05 (Wed) 01:29

合宿前夜

合宿に出かける。
子ども達が『楽しみだ』を連発する。
4泊5日間で32時間も勉強するのに、楽しいのだそうだ。
日にたったの2時間半レクレーションがあるだけだが、それやこれやが堪らなく楽しいらしい。
学習の時間には時にけちょんけちょんにやっつけられることもあるというのに…。

大人の私ですら、心が穏やかになる場所である。
思えば別の旅館で、学習塾は行儀が悪いからダメだと一旦予約を受けながら急転直下断られて、つづらお荘とのご縁ができたのである。
もう今年で8年目である。
クマ塾の夏季第二教室と言っても過言ではないと思っている。

が、一方で、合宿はその年その年の参加者が作っていくものだとも思う。
同じようでいて、微妙に違う。
個々に目標があるからだろう。

今年は私にも一つ目標がある(^ー^* )♪
全ての行程を順調にこなし、全員が元気で過ごすというのは毎年同じであるが、
それとは別にもう一つ。。。

今年も行って参ります。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2009/08/04 (Tue) 01:49

身障者用駐車禁止除外標章

我が塾は商用ビルの2Fにある。
これには持論がある。
子ども達を預かる以上、事故を想定しなければいけない。
火事が起こった場合、最も安全なのは1Fである。
しかし、逆に1Fは別の問題点や危険性がある。
交通事故に巻き込まれるかもしれないし、不審者が乱入してくるかもしれない。
で、2Fならば、最悪火事になっても、飛び降りて命を落とすことはないと私は考えたのである。
また、長すぎる枕だ。

不法駐車する車両が激減した。
しかし、稀に堂々と路駐して食い物屋に入ってゆく人が居る。
何故だかドイツのM社もしくはB社の高級車両に乗っている場合が多い。
不審に思い、なんとなく見下ろしてみた。
決まって“駐禁免除”の印籠がダッシュボードに置いてある。

『身障者用駐車禁止除外標章』という手形を置いて、強面のおっさんが若いお姉ちゃんを伴って食い物屋に入ってゆく。見たところ、障害があるようには見受けられない。
また、そのクルマは『BMWの6シリーズ』というほぼ2人乗りのスポーツカー。
体にハンディーのある人を搬送するには不向きであり、だから、その標章は似合わない( ̄‥ ̄)

大阪府下でこれを悪用したという事で捕まった輩がいるという。
実態はもっと不正使用が蔓延しているはずだ。
私が知っているだけでもこの近所に2台ある。
赤のボルボと、白のベンツだ( ̄∀ ̄*)
街を『みんなのもの』にするための措置が、それを必要としない連中に悪用される。

まさかとは思うのだが、偽造とか貸し借り、あるいは譲渡とか、オークション販売とか…そんなことは決してないですよね、お巡りさん!?
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。