--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/03/30 (Tue) 22:53

後悔

先程エントリーしたブログに書き忘れたことがある。。。


その、若夫婦の二人に、
“どうか、その子を一生可愛がってあげてください!”と
声掛けをするのだった。

それを後悔させるほど、いい絵だった。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2010/03/30 (Tue) 22:50

適量

クマ塾の子ども達は、勉強が足りていないからか、私の受け売りか…。
兎に角長時間学習が嫌いである。

いくら勉強できる子でも、一日の学習量が8時間以上に及ぶと、荒れてくる。
そこまでプレッシャーを掛けなければ行けない学校なら、私は薦めない。

ちょっとこの講習に入ってから、教室の雰囲気が荒れている。
適量というのはなかなか理解されにくいことかもしれない。

が、大手と呼ばれる進学塾が輩出した“元英才”があちこちで問題を起こしている現状を
現場の我々以上に親御さんに知っていてもらいたい。

今日、よちよち歩きの可愛い男の子が両親に手を引かれてぶら下がるように歩いている光景に出くわした。
これが人の、人間の原点ではなかったか。
Trackback(-) comment*4 | 塾のこと
2010/03/29 (Mon) 02:17

寒の戻り

春という季節は、冬の次にやってくる分、歓迎される。
長く厳しい季節の変わり目は、だから結構しつこいのかもしれない。
しかし、それにしても今年の春の寒さは異常でる。
寒がりな私はいつまでもダウンジャケットを着、手袋を着用している。
そんな出で立ちで街中の桜を見るのは妙である。

季節の変わり目にお年寄りがなくなってゆくのが年を取って初めてわかった。
気温が何度も変動するのは体に決してよくない。
そう言えば、『風呂が何より危険だ』という人が居た。なるほどしかりである。

春が昔から好きではない。
緊張が一気に解けて、虚無感に襲われるからである。

若いということは、体がしなやかで無理が利く。
その無理が積み重なって、中年期の体質を作ってしまう。

後悔は先に立たない。
自然に沿い、自分の体と相談しながらやっていけるようになるまで、五十年以上の歳月を費やしてしまった。
Trackback(-) comment*0 | 私小節
2010/03/21 (Sun) 02:23

音読

私は授業の際、子どもに音読をさせる。
算数以外の教科すべてにおいてそうしている。
いや、算数でも読ませることは多い。

最近の子は本当に読むのが下手である。
うまい子の出現率が低いともいえる。

活字離れがもう死語になったと思うほどであるが、こんなことでは国語の問題云々では収まらない状況にやがては陥ってしまうに違いない。
何故なら、思考は言語でするからである。
まれに国語が滅法弱いのに勉強ができる子が要るがそれは例外。
大概は比例する。

逆に言えば、国語ができりゃ、なんでもできるはずである。

そう信じて音読。
昨日も今日も音読。。。

子ども達のイントネーションが気持ち悪いほどおかしい。
『農村』を『ローソン』と同じ抑揚で読む。
学校で音読はもうやめた?
家で会話はしない?

いやいや、子どもはおしゃべりなものだ。

マザーなタングはどこへ行った?

1時間以上楽しく会話できる子どもが居なくなった。
憂うる事態。

英語なんかやめて日本語会話をさせるべきだが、こんなことをお上がやり始めると事態はさらに悪化するので、何もしなくともよい<^!^>
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2010/03/21 (Sun) 02:01

人体の不思議?

何度もこのブログで自慢したのだが、私はもう1年半以上に渡って、軽いストレッチと筋力運動を続けている。
たばこと縁を断ち切って以来、私の中で何かが少しずつ違ってきて、初めはその変化に体が順応するのを拒否し、えらい目にあったのだが、なじみ始めてご褒美をもらっていたことに気が付いた。
いくつかあるのだが、その一つが“決めたことを続けられるようになった”ということだ。

ところで。
女性は小顔を愛するらしい。
私も純な日本人で、顔が大きいことがンプレックスだった。

何ヶ月か前、減量宣言をしたが、あと一息で果たせなかった。
が、その時あることに気が付いたのである。
それは脂肪が増えたばかりで体重が増えたのではないということだった。

もちろん、脂肪も増えたには増えたのだが、それよりも筋肉が付いた気がしている。
なんでこんなおっちゃんになってから筋肉がこんなに付いたのだろうか?
毎日とはいえ、たった15分足らずの生ぬるい体操。
ビリーに見つかったらしかられそうな体操である。

腰に弱点を持つ私は、腹筋をいまのうちに付けておかなければと思ったこともきっかけの一つである。
そして、そんなある日、何かのニュースで筋力運動は心筋も鍛える効果があって良い!と知った。
それでますます続ける意欲がでたのである。

この話の結論をそろそろ書かねばならない…。

筋力運動をすることで、顔の筋肉も鍛えられるとようだと気が付いたのである。何故なら、私の顔は体重が減っていないのにもかかわらず、少し引き締まったようなのである。

だから小顔マッサージ機など買うくらいなら、腕立てと腹筋と、できれば柔軟体操を続けた方が効果がある!と言いたいのである。

それ以上でもそれ以下でもない。
つまらん話なのである(-。-)y-゜゜゜
2010/03/21 (Sun) 01:38

お話と相談

生徒や保護者が『お話したい』ときたらあまりいい話はないものだ。“相談”もそれに近いものがある。仕事柄か、年回りなのか、ここのところよく“相談”を受ける。頼りにしてもらうということは決して気分の悪いことではない。

友人から新規ごとの相談を受ける。意見を述べていて、ふとその内容が非常に現状に即した経験則であると確信できた。試行錯誤、紆余曲折を経て、体に染み付いたもの。相談者はそれを容易に受け取ることができる。無駄な労力はしないほうがいいに決まっている。

が、これでよかったんだろうかと考えてしまう。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。