--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/08/28 (Sat) 01:35

刑場公開

東京拘置所の刑場が公開された。
今、なぜこのタイミングで?と思うのだが、裁判員裁判で死刑が確定するとこういう風に人が殺されるんですよ…というブレーキにでもするつもりなのだろうか。
なんだか気色の悪い情報公開である。

死刑といっても結局それは法に則った殺人ではないのか?という論点が死刑廃止論の基本になっているのだろうが、私にはそこのところがどうしてもわからない。

人がたくさん集まってできた社会には秩序が必要である。
その秩序を己の勝手で乱す者、他人の安寧を踏みにじる者には罰を与え、そういう行為が繰り返されぬように歯止めをかけるというのが量刑の基本ではなかったか。

死刑になるのは余程のことである。
人が人を殺すということも予想もつかぬほどパワーが要るはずだ。
それを己の都合のためだけに複数の人の命を奪ったり、繰り返したりしたものが死刑になる。
十分すぎるほどの配慮を加害者には施している。

それでも尚且つ死刑は人道に外れるとおっしゃる方が居る。

例えば、自分の趣味嗜好のために子どもを誘拐し、陵辱し、殺す。それも何人も。
こんな輩を生かし続ける意義はどこにあるんだろうか。
こやつの将来に何を期待すればいいのか?
更生は誰がさせ、もし再犯を犯したらその責は誰が負えるのか。
否、誰にも負えない。

人の命の責任など誰にも取れない。
それを奪ったせめてもの償いに自分の命を投げ出す以外にない。
それのどこが非人道なのか。。。

どうも日本社会は未成年と犯罪者と酒飲みに甘すぎる気が私にはする。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*2 | 一筆示し参らせ候
2010/08/27 (Fri) 02:06

爽やか!

ここ最近の私の気に入りである。




なぜインタビューの動画も添付したかというと…おわかりだろうか?

声です、声。
いや、発音かな。日本語で話してたら普通の女子なのだ。が、英語の歌を歌わせると豹変する。

英語の歌っちゅうもんはニホンジンには骨格的にしんどいものがあるんですよね。
で、英語だから…と力んだり、イキったりして兎に角なんでもかんでも舌を巻いちゃう歌手が多い。
▲ライド■ライドなんかもそうです。ギターはむちゃくちゃいいのに、ボーカルで腹いっぱいになってしまう。
きっとガイジンが聞いたら何のことっちゃわからんだろう。

で、この羊毛とおはなのコンビ。
このおはなさんのボーカルも巻き舌で不自然なのだが、何故か嫌悪がないのである。
このコンビの、“Englihman in New York”は一聴の価値ありである。

とにかく、不思議でさわやかなサウンドである。
Trackback(-) comment*0 | 趣味の話
2010/08/25 (Wed) 03:09

口分田

世界のリーダーたるアメリカですら、大統領選挙で票の数えなおしを云々した。
算術の国、日本から見たら愚の骨頂であった。

ところでその日本はその昔、中国(当時は中国ではないのだが…)から色んなものを頂戴した。
真偽は知らぬが、蘇我の時代には朝廷に届けられる租だの庸だの調だのの出納を算出するのが厄介だったと聞いたことがある。
その辺りは蘇我が強く、よって一族は発言力をまし、発展してゆく。
ここからである。
わが国の地べたと米(すなわち銭)の経済が始まったのは。

戸籍を作って、税を集める…。
その周辺管理に役人が要る。
勿論、この律令下の制度はやがて破綻をきたすのだが、税制は根付く。

役人は上からの命令で名簿を作り、管理する。
その名簿によって田んぼを強制レンタルし、税を巻き上げる。
が、税に苦しむ農民が逃散し、制度が崩壊する。
そこへ土地は私物化してよいと触れが出て、以降わが国では地べたが売り物となる。

ところで。
今、人類は空に浮かぶ星の重さだって算出できるほどに成長した。
だのに、手前ぇの国にどんだけ人が居て、税をむしりとれる奴と、手当てを配る奴のリストがきちんと作れていないという。
今日見たニュースなどでは、なんと文久生まれの人間が生存していることに書類上なっているという。
さすがに年金の受給はされていないが、居ることにはなっているというのだ。

この一連の問題、百歳以上に目が行きがちだが、もっと基準を下げて、少なくとも年金受給者は生存を証明することが受給の最低条件とすべしであると思う。
ここに一切の疑問も持たず、役人の慣習とやらに任せていて今に至っている。
実際問題として、徴収した年金のうち不正や無駄でなくした額は一体どれくらいになるんだろうか。

現代は色々な『絆』が崩れる時代だという。
しかし、人の生き死にだけは例外にしていただきたい。
村八分ですら火事と葬式は例外にしていたというのだから。。。
Trackback(-) comment*2 | もの申す
2010/08/21 (Sat) 01:39

本態性

私は一見すると体に不具合はなさそうに見えるだろう。
確かに持病は何もない。
が、いろんな病の予備軍ではある。

家系的に一番嫌がっているのが循環器周辺の病気。
症状となって見えにくい消化器の病気も怖い。

それがために私はいくつかの自制をかけた。
まずは禁煙。
そして減塩。
その前に減脂(?)もしていた。
    ≫ read more
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2010/08/20 (Fri) 02:57

さが?

子ども達の勉強に付き合っていると、偶に“へぇー!!”と感心してしまうことがある。以前、こんな話を国語で取り上げた。
曰く、『さかさメガネ』。

どうやら大脳生理学かなにかの文章である。
実験をする。
左右はそのまま、上下だけを逆転させるメガネをつくり、人にかけさせる。
掛けた途端、天地は引っくり返る。
二週間ほどそのままにしておく。
ある朝、突然に世間が引っくり返り、正立像で見える。
(この時、勿論逆さメガネを掛けている。)
この状態で何日かおく。
そして、ある日、メガネを取る。
    ≫ read more
2010/08/18 (Wed) 02:40

理由 ~音楽夜話として~

悪い頭で考えることがよくある。
なんでだろ?…と。

反芻するように、“This is It”を観ている。
改めて、マイケルジャクソンの才能の豊かさに舌を巻き、
その命をたった五十年で終わらせてしまった運命を嘆く。


何故、亡くなったんだろう?

人が死ぬのは、明日の朝、起きる理由がなくなったからだと聞いたことがある。
マイケルには起きる理由が山ほどあったはずだし、起きなければならなかった。
そう考え始めると、DVDの画面がものすごく遠くに感じられる。

彼はコンサートをしてはいけなかったのか?
などという穿った見方も頭を擡げてくる。

せめて、せめて1回だけでもいいからコンサートをさせてあげたかったな…そんな考えも浮かんでくる。

いつまでもロートルが売れてちゃいけないが、一人またひとりとスターが姿を消して行く。
日常になんらの影響はないはずだが、例えばポールがもし…なんて考えただけで息苦しい。

つくづく私はいい時代に生んでもらったと感謝しないわけにはいかない。
Trackback(-) comment*2 | 一筆示し参らせ候
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。