--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/10/30 (Sat) 02:20

帰巣?

Kumaは一年中子ども達を見ている。
夏休み前にある子がこんな事を言った。学校の先生の言葉である。曰く、夏を越えて教室に帰って来なかった子が教え子に何人か居る…と。その子は短期留学を控え、考えるところがあったようで、その話が妙に心に残ったという。

先日、このブログに書かせてもらった卒業生。
もう落ち着いたかと思い、こちらからメールを出してみた。
すぐに返事が来て、顔を見せてくれた。

進路をやや変えたという。
それで、公募推薦入試を受けに関東に出向くという。
受験まであと10日ほどしかない。

提出書類か何かの志望の理由の欄を見ろという。
少しだけ手直しをしたのだが、まぁ、6年前の印象とは別人の感である。
しっかり書けていた。そもそも医療関係を志望したのはお母様の病気とは無関係だったそうだが、救命救急の道に進みたいと言い、その未来像もさらに明確になったようだ。

正面ではなく、横に座って彼女と話した。ごく穏やかに話せたし、彼女も落ち着いてお母様のことを話してくれた。私の性格上、面と向かっては言えなかったのだが、彼女が帰った後で、メールを入れた。よくぞそういう進路を選らんだものだ…と私なりに喜んでいる旨を伝えた。

彼女は、どちらかと言うとちょっとわがままな女の子という印象の子だった。卒業したらもう二度と会うこともないだろうと思っていた子である。しかし、わからないものである。
その子が、人の生き死に深く立ち会う仕事を選ぶとは…。感無量である。

その入試に先立って、オープンキャンパスに母娘で行こうと約束をしていたという。事はそれほどの急変だったらしい。どんな思いが彼女の胸に去来しているかと思うと言葉をなくしてしまう。

彼女が教室を後にした。窓からその後姿が見えた。
秋というには寒すぎるさびしい夕刻。彼女の背中が人混みに消えた。

吉報を待つしか私には手がない。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*4 | 一筆示し参らせ候
2010/10/24 (Sun) 03:02

Wish you were here

これなんかは、イマドキの子にはどんな風に聞こえるんだろうか。



ま、演ってるおっちゃんの風貌はあえて置いておくとして。。。

ビートルズに置いてけぼりにされて、ようやく他のも聴いてみようかと初めて思えたのが、
このPink Floydだった。
おせっかい、原子心母、狂気、あなたがここにいてほしい…。

懐かしいなぁ。

デビッドギルモア。
いいギター弾きだ。
Trackback(-) comment*2 | 私小節
2010/10/23 (Sat) 02:42

民意

ワタシがここ最近見たTV番組といえば、てっぱんと国会中継くらいのものである。
てっぱんはちん電が時々出てきてほっとするのである。
こういう電車に乗って通学できる子はとても幸せ者である。非行になど奔りっこないと勝手に思い込んでいる。

国会の質疑を見ていて色々なことを思う。
昨夏、我々の民意は民主を良とした。
長きにわたった自民政権があまりの体たらく。
一度、民主にやらせてみたら?と大衆は思ったのだろう。

で、そうなった。

で、どうなったかと言えば、自民顔負けの権力居座り願望。
金と金と金にまみれた幹部達。

さらに中国のここは出張所かい?と思うほど中国よりの姿勢。

絶対、中国は尖閣を取りに来る。
日本は押したら引き下がる国だという事がもうバレてしまった。
そして、日本は悪い国だというマインドコントロールが見事に成功した。

飛躍した例かもしれないが、自分で物を決められない子が増えた原因は、
実はこういうところにあったのかもしれないと妄想して、ぞくっとしたのである。

ジャイアンツ愛などよりジャパン愛ではないか?
愛国心という言葉がアレルゲンならそう呼べばいい。

自国を愛せぬ国民。
自分の国はいい国だと、言えない国民。
だから政府はあちら寄り?

我々こそ、民意を掘り下げねばならないのでは?
えらい党を選んだものだと思うが、では、自民政権ではどうだったかと思うと
さほど変わり映えはせぬだろうとも思う。

柳ではなくカーボンファイバーのような反発力を持たねばならぬのに…。
Trackback(-) comment*2 | 世間のこと
2010/10/23 (Sat) 01:40

ルール

ルールとか、取り決めというものがある。
こういう物は簡素な方がモアベターである。

何故かと言えば、事細かに規定しなければいけないということは
それだけ民度が低いということになるからである。

ま、そこまでは行かぬが…。
ワタシは最近心に期するところあって、子ども達へのスタンスの取り様を少々変えようと思う。
平たくに言えば、ちょっと厳しくしようと思う次第。

基本的には、『見ればわかる』というのがワタシの考え。
『見てわからん奴には言うてもわからん』とも同時に思うのである。
が、最近、言語力の低下?で、そうも言っては居られなくなったのである。

さらに言えば、ワタシの目の届くところならば修正が効くが、
ワタシが甘やかして悪いクセにしてしまったことを他所でされては堪らないと思ったのである。

当たり前にきちんとしている人が不利益を被らない。
ミスをすれば、その責や不利益はわが身が負う…これを徹底しようと思うのである。
これには普段の生活での躾も関わってくる。
ここが難しい。

朝起きなければ遅刻をすればよい。そして、恥ずかしい思いをし、先生に注意されればいいと思うのである。
でも、つい起こして間に合わせてしまう。
ワタシもわが子にはそうしたことが少なくない。
が、それは決していいことではない。

失敗は絶好の教材…過去にこう言い放っていた事を忘れていたかもしれない。

とは言っても、そこはクマ塾。
いい塩梅で処置をする積り。

ただ、忘れる子はいつも忘れる。
これはなかなか治らない。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
2010/10/21 (Thu) 03:37

思い出  

いい歳をしてまだyoutubeの世話になっている。
このリンクがたまに“お宝”を提供してくれる。



今は、音信不通となってしまった親友とDavid Bowieのコンサートに行った。
当時、ライブという言葉はあまり使わなかった。
コンサートである。
ただし、レコードは“ライブ版”と呼んだ。

友人とドージマで待ち合わせ、珈琲でも飲んでそれから行こうかと相談していた。
珈琲を飲みながら半ばジョークで『まさかチケット忘れてないよなぁ?!』とワタシ。
友人は同伴の彼女に『持ってきてくれたやんなぁ!?』と。
カノジョ首を振る。
友人が慌て出した。

結局、神戸まで取りに帰った。

開演時間をちょっと過ぎて年金大ホールに滑り込んだ。
大物は時間通り始めない。
もぎりのお姉さんの前を通過。
入り口を開けた。

真正面のステージにBowieが居た。
この曲を歌っていた。

我々は凍りついたように通路でその曲、Heroes を聴いた。

それはそれは綺麗で恰好よくて、とてもじゃないが、分類学上同じ種族に属するとは思えないほど
美しい人間だった。

久々にその感じが蘇った。
Trackback(-) comment*2 | 自分のこと
2010/10/19 (Tue) 01:39

もう貸してあげない

ここ何年も思い続けてきたことがある。
それは些細な事かもしれないが、子育ての大切なポイントではないかと思っている。

忘れ物をする。
クマが貸す。またはキッズが貸してくれる。
皆が皆とは言わぬが、忘れる子はいつも忘れました組。
貸して上げる子はいつも貸してあげる組。

頼りにするのと当てにするのは違うのである。

自習に来た子が、言う。
クマ、テキスト貸して。
さすがに貸しはしたが、自習する教材くらいちゃんと持って来いよと言った。

そう言えば、塾の電話を使って親のケータイに電話を掛ける子が結構多い。
ご時勢だなと思いつつも、やはりこれは癖にさせてはいけないと思う次第。
嫌な事言うてなんぼの仕事である。

最近のセンセーは怒らない。
なぜか?
怒ると面倒なのである。

困った世の中である。

でも、クマは、もう貸してあげないと宣言した。
忘れたことで不便で困る。
それで学習すればよいのである。

小さな親切はいつしか当たり前になり、それを辞めたら不親切呼ばわりされる。
親切した方はやってらんないのである。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。