--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/04/29 (Fri) 18:49

ボウリング大会

春の遠足に代わりにボウリングに出かけた。
大阪では老舗の新大阪イーグルボウルに行った。ちょっと遠いが、値段も適度で何よりきちんとしている。これがいい。“なんとか1”などとは格違いである。

さて、今回は塾生全員に1ゲームあたり30点のハンデを差しあげたのだが、だれもクマをやっつけられなかった。私の成績は久々の割には、“まぁまぁ”の476(3ゲーム計)。ま、こんなもんでしょ。

イーグルボウルはコンディションが良く、アプローチが速い(よく滑る)。
つまりは、踏ん張っていなければならず、脚が疲れやすい。帰りの階段の乗降で早くも膝ががくがくと“笑って”いた。

ところで、クマキッズの中にボウリングを趣味としている子が一人いる。今日はマイボウルで参加したのだが…。
さして大きくない体格の女子なのに、行きつけのセンターのプロの薦めでなんと14ポンドのボールを持たされている。

ボウリングというのはピン倒しのゲームだから、重いボールは確かに有利である。
しかし、同時に“どれだけ同じ事を繰り返せるか”という面も求められる競技であり、その意味では重過ぎるボールは取り回しがしにくくてコントロールがつかない。

インストラクターと名の付く人は世に五万と居る。
が、本当に教わる側に立って助言してくれる人はなかなか少ない。
何故か…。
自分はできるからである。
なぜ、できないか、その理由がわからぬのであり、だから理屈を押しつける。

因みに私は10ポンドのハウスボールを投げた。
が、これはまぁ、余談。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*2 | 塾のこと
2011/04/22 (Fri) 15:58

“二重”面相

日本は今躓いて、転けそうである。
勿論、地震の所為である。

その地震は二つの災害を同時に生じさせた。
津波と、原発事故。

津波の被害だけでも相当である。
瓦礫の撤去。街の復興。工業を初めとする産業の立て直し。

原発はさらに艱難辛苦となるはずである。
原発を撤去・封鎖するまでの様々なハンディーをどうやって克服するか…。

世界は同情してくれている。
しかし、他方で世界は日本に背を向けていることを露わにし出した。

がんばれ!と言ってくれ、義捐金や物資はふんだんにくれる。
が、Made in Japan は絶対に買わない。

国内でもそうである。
ボランティア活動をしなければ人ではないかのように皆が殺気立っている。
が、“現地”からのゴミを代わりに消却してあげようとすると住民は猛反対する。

これが現実である。

静観し応援するということはできないのかしらんと思う。

慌てて、募金せずともこれから地震の復興でどんどん負担は増えてゆく。
1億人が一人100円出せば100億円になる。

復興の補正予算は4兆円だそうだ。
これを1億で割り算すると4万円になる。

日本は今躓いている。
転んでしまうかもしれない。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
2011/04/22 (Fri) 15:39

新発見?!

自宅は只今、パソコンなし状態。
毎夜、読書と漫画に耽っている。

最近、ふと思いついてA5版のノートを買った。
ブログをノートでやってみようと思った次第。

しかし、やはり違う。
決定的に違う。

で、気が付いた。
ブログは本にしてはダメだ。
で、やっぱり、文章は筆記具と紙に書かなければ国語力が落ちる。

以上、二点発見。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2011/04/22 (Fri) 15:36

寝言ネ( ´ρ`)。o ○

ハシモト君よぉ。
他人の退職金がどうのこうのと言う前に、あなたの足元を見直してみたらどうなのかな?

自分の策が思うようにいかないと、すぐ撤回。
言うてみていけそうならどんどん調子にのるけど、あかんとみたらすぐ撤回。
それも涙混じりで。。。

なんでこんな輩の支持率高い?
わけわからん。

どこやらのアホ議長がよくぞ地震が来てくれた…なんて言うて落選した。確かにたとえがあまりにも悪すぎるが本意は府庁の引っ越しにダメ出しをしたわけだ。
最近の我が国では正義はマスコミとツイッター族が握って居て、そいつらに叩かれたらおしまい。
不適当な発言にも二種類あるっちゅうの。

海沿いに本丸なんか持って行くのは戦国時代じゃ。
よう覚えときなされ。

これはっきりした寝言だわ( ̄∇ ̄*)ゞ
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
2011/04/12 (Tue) 13:10

休筆または充電?

先々週の夜更け。自室でネット見ていてフリーズした。そのまま立ち往生。で、やむなく強制終了し、再起動を…。が、立ち上がらない。師匠に見てもらったがやはりご臨終であった。

困るのはこのブログである。

どうも日中は書く気が高まらない。夜に文章は書くなという人も居るが、私は朝読み返して恥ずかしくなるような物は夜に書かない。落ち着いて、あっと思った時にさっと書くのである。
つまり、ちょっと駄文が多いので、お前は休憩せよということなりか。

再読に耽っている。記憶という物のおもしろさと怖さを感じながら。

それにつけても思うことは、自発思考の教育である。先進国だから『教育制度』は完備されている。しかし、残念ながら我が国の教育の殆どは受験の予科である。自ら学ぶことと受験勉強は違う。折角のいい能力を持った子も受験が終わればあとは次の受験まで真剣に勉強しない。

記憶と累計認識を問うことで入試問題のすべてができあがっていると言い切ってほぼ間違いない。しかし、人としての知力はそれだけで養われるものであろうか?だとすれば、最近の愚の多さはどうだと思う。先進国の中でも我が国ほど自発思考を大衆がしない国は珍しいのではないだろうか。教育の不備にIT玩具とメディアが和え物として味をさらに濃厚にしてくれている。

ま、そんな小難しい事はともかく…。
本を読んでいると心が穏やかで伸びやかになる。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2011/04/08 (Fri) 11:00

春は…

関西では、『春はセンバツから』である。
これは新聞社のキャッチなのであるが、結構当たっていたりする。

ここ二年ほど春が寒い。
思い出してみると、昔はちょうど入学式あたりに桜吹雪だったわけであるから、少し桜が早くなっていたのかもしれず、そうい意味ではこの二年がちょうどいいのかもしれない。
が、そうは言っても本当に寒い春であった。

私の春は春期講習明けである。
今回はよく勉強してもらった。この効果がじわじわ出てくるといいのだが…。

それにつけても計算手法をもっと学校でも教えてほしい。
たくさん問題をさせて『練習した』気になってはいけない。
+、-、×、÷や記号の意味、使い方をきちんと教えて、そして見てやってほしいものだ。

そう言えば、こんな時に、天皇家の方々が放射能を怖がって逃亡したなどという不埒な輩が居ると知り、唖然としている。

そんな話を聞くにつけ、『情の教育』が欠如していると痛感する。
問題ばかりさせて、学ばせていない。
だから殺伐とするのである。

自宅のパソコンが壊れ、時間ができ、また読書の時間が増えた。
良いことである。
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。