--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/06/23 (Thu) 22:17

娑婆に帰参しました

全く予想もしない病気に見舞われて、緊急入院するはめになり、クマキッズのみんなにとっても迷惑をかけました。健康には気をつけていた積もりですが、病は突如としてやってくるのですね。
まぁ、悪性のものではなかったのですが、生活習慣を根本から見直す必要を痛感し、少しずつでも実践してゆこうと思います。

占い師曰く。
『今月クマさんは体調不良の月。倒れた日は体調不良の日』つまりは赤の◎だったわけですね。

そういや、金運の年の金運の月の金運の日に宝くじ買ったら1万円当たりましたっけ。

気学っちゅうのはおもしろ怖い。

まずは25日。代講でクマは授業をしませんが、顔は出しますm(__)m
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*4 | 自分のこと
2011/06/04 (Sat) 02:13

京雀

京都という町は昔から為政者が乗り込んできては消えてゆく王城の町だ。それを横目で見て、ある時は歓迎し、ある時は家財を荷車に乗せて遁走する。ピーチクパーチク小煩い。

マスコミも京雀に似ている。自説も哲学も持たず、目先の出来事に右往左往する。
2年前あれほど自民や安倍氏を苛め抜いて、民主政権奪取に一役買った。が、どうだ、この体たらく。
巨神兵だったわけだ。もうドロドロに溶けちゃった。

民主政権になって『ほぉーやるじゃん!』と思ったのは、今回の政権詐欺。これは歴史に名を残す政局である。それも恥の部分で。何年か先の受験生はこんなつらまん政変を解答用紙に答えなくてはいけない。でも、いや、なかなかボリュームのある融合問題ができそうだ! 地理も歴史も公民もひっくるめた総合問題だ。どこかの模試業者が作ったりして。。。

ところで、ゴトーダのぼん。間抜けなこった。考えてやれよな。恥ずかしいね、こんな時に。いや震災じゃなく政変の方で。。。
ほんと、政治家にろくなのは居ない。これは教育に無縁ではない。絆とかな情けとか、そういう感情が今の子達にないからだ。貴人、酷なり…か。 豊かすぎると人間は冷たくなる。国どころか家族だって平気で捨ててしまう。
寒いことである。
2011/06/03 (Fri) 13:08

自業自得

もう政治ネタなど書きたくもないのだが…。
それにしてもオラが市民宰相は厚顔無恥を通り越してもはやペテン師に近い御仁である。2日の鳩山・菅怪談会談の結果、急転直下。民主党もなかなか喧嘩上手と思ったのも一瞬。政権政党を守るためではなくおのが政権の延命だけを考えての会談だったのか。だまされた鳩さんも面目がないだろう。

いやはや、全く・・・日本の恥ですな。

ただ、ここで忘れちゃいかんのはバラマキ3Kに魂を売った有権者ではないのか。2/3を超える議席を得たということは2年前の民意である。その段でいけば、民はその意に責を負うべきである。ボロボロになって、これではやっぱり駄目だ…と心底思い、且つ知って選ばねば、また同じことの繰り返しである。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
2011/06/03 (Fri) 02:33

依存症

なんとか依存症ってのがある。
私はとりあえず買い物依存症にはなれない(笑)

私、ゴミ捨て依存症かもしれない。
塾には大して値打ちのあるものはないんだけれど、教材類はリスのように溜め込んでいる。
が、ふと数日前いくつか引っ張り出して眺めてみた。
で、徐にゴミ袋を用意し、捨て始めた。
いやぁ、すっきりしますねぇ~。
もしや…と思った良問集、ぜーんぶ捨ててしまった。

そう言えば、昔、私に指導のコツを教えてくれたえらい先生がこう行った。
子どもは手で叩いちゃいけない。
教材で叩くんだよ…と。

今さらながらいい言葉だと思う。
Trackback(-) comment*1 | ダサイ!
2011/06/03 (Fri) 02:25

教えすぎ

私は補習という言葉も講座も嫌いである。自らの不足を認めたことになるからだ。今、学校は補習だらけ。出来ていても補習。出来が悪けりゃ補習。だが、恐らく実施者ほど受講者はためになってる感はないはずだ。
それよりも実際にやらせてみる。できるだけ手本も簡略化し、まずやらせてみる。上から授けるのでなく、思考過程で『遊んであげる』。これがなかなかできない。

いかにも丁寧然として、面倒みてやってる風で実は子どもの自らやろうとする気を削いでいる。
補習に呼ばれる。その席に着いてりゃあとは先生がみなリードしてくれる。
今の学校のほとんどは外野のそういう『面倒見』を求める声に屈し、サービス満点である。が、実は生徒は、特に伸び悩んでいる生徒はそれでは救われない。

自らやってみてできないところをみてほしいのだ。
ところがサービスがよすぎて、自己分析できない。さらに言えばそれを続けていくうちに指示待ち症候群になる。

で、先生はぼやく。
最近の子は自主性がないなぁ。何を求めているかわからない。。。。

そりゃわかんないでしょうに。
Trackback(-) comment*0 | ダサイ!
2011/06/01 (Wed) 22:21

担当

最近でこそ殆どなくなったが、以前はよくこういうトークの突撃電話がかかってきたものだ。
曰く、
『中央区の塾様の担当をさせていただいております何某ともうしますが…』云々。
馬鹿を言ってはいけない。あなたになんぞ担当してもらったことは一切ない。

私は、実は、担当しだいで物事を決定する人間である。
クルマ、ドリル、カットマン、ギター…。
仕事では、速読と…入試広報というところか。

ところが組織が大きくなると担当をコロコロと変えるのである。『顧客』の当方には一切の相談も連絡もなく。。。その人が窓口で、繋がりが出来てからも面倒を見てもらえる。しかもずっと変わらない。そう思ったから『取引』を始めたわけである。

    ≫ read more
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。