--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/09/30 (Fri) 03:12

体質変化

よく断食をしたら体質が変わると聞く。
否応なく、短期だが食を断じた。
検査のためと称し、おなかを完全に空っぽにさせられた。
そして、その後。
人が変わったようによく喰っている。
今まで食べられなかったものをガンガン!
大丈夫ですかい?…と一人ごちる事も少ないない。

今でも忘れられないのは断食の後の食事である。なかなか固形にならない。
なってもすごく細かい。よくぞこんなに微塵にしたものよ!と執念すら感じた。
後でわかったのだが、食事には特別料金のようなものが課されていた。さもありなむ…。

それにしても消化器の病気は格好が悪い。
退院の間際、よくしてくださった看護師さんに“もう私に何を見られても恥ずかしくないでしょ?!”と言われ、まったく同感であった。嫌な顔一つせずに本当に親切にしていただいた。心から感謝したものだ。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2011/09/30 (Fri) 03:01

気持ち悪い日本語

その問題については国会でご議論願いたい…
これからも頑張るんで、応援の方よろしくお願いしますっ!…
…なので、こういう事になるわけです。。。
こちら、A定食となります…
1000円からお預かりします…
白ご飯とおかずを買ったら、箸は何膳必要ですか?…ってやんでぇ~(ーー;)

接客業の言葉は無駄と誤解のないように教育が必要だ。
…に、しても、今日聞いた日本語はひどかった。
525円、ちょうどからお預かりします。思わず名札を見てしまった。いや、外人かな?と直感したからである。違っていた。世も末である。

きちんと日本語教えろよ。まじめに日本語勉強しろよ。
そして、もっと人と会話しろよな。

やばいぞ!ニッポン(^_-)-☆
2011/09/30 (Fri) 02:52

孤高でいるということ

日本人(特に女性)は、個性的でありたいと強く望んでいる。が、その実、いやそれ故に没個性に走っている。群れから離れたくないからである。ファッションにその様相が強く見られる。流行りのものを身に着けていないと不安なのであろうか。
昔農民、今サラリーマンも同様。サクセスしたいと口走りながら無難に埋没する。個性的という言葉が胡散臭い。
よりも、孤高という方が一人でも頑張ってる風が強く感じられる。

私などのように全く意識せずに気が付いたら孤高な人になっている場合がある。それはヘンコと大阪弁で呼称する。絶対に人と同じは嫌なのである。同じでも仕方ないこともあって妥協はするが、わざわざの道を選ぶ。何を好き好んで…これが妙であると信じきっている。これを単純に、“拘ってますね”と茶化されるとカチンと来るのである。

歳を重ねると、“いや…”とか“でもね…”と他人の意見を遮るのがすごく面倒になるものである。
ただし、自覚的には老人性の鬱ではない…と信じたい(*^_^*)
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
2011/09/23 (Fri) 13:19

なりきり

所謂歴史という言葉は、自分の知らない時代のことをさす。
例えば、子ども達に歴史の授業をしていて、自分の知っている時代の話になると、居心地が悪い。まして、そこに書かれている論調が自分の感覚と違っていればなおさらである。
菅総理などはどんな風に教科書に載るのであろうか。

歴史には実にさまざまな人間が登場する。
今、大阪で“維新”などと大それた言葉を振りかざす連中がいる。確かに大阪はいろんなところが病んでいる。そこを突っつき、膿を出そうと言う考え自体は正しい。が、世の中の仕組みと言うものは複雑に絡み合ってできている。外科手術ばかりでは直らないのである。その大手術には不撓不屈の精神力を持ち、ひとかけらの功名心もないの奉仕の心で事にあたるリーダーが必要だ。

薄っぺらい政治家が昔の政治家の事を自分に重ねて悦に入ってるのは見ていて不愉快極まりないのだが、私個人としては、前言翻し常習犯の知事殿にそんな大それた言葉を遣ってほしくない。躓いたらすぐに訂正し、責められたら涙を流して許しを乞う。
維新などと言うのなら、一生大阪に奉仕する覚悟はあるのか?またそれを選ぶ有権者はほんとにあの知事でいいのか?熟考を要する。彼の横に宮崎を捨てた元芸能人知事が並んでいた。維新の会に同調するらしい。この面々を見ていると応援する気には到底なれない。

制度と言うものは一度壊したら簡単に元に戻せない。教育一つとっても、高飛車に宣言した案は府教委に反発されすでに腰砕けである。“現場の声を尊重した”と負け惜しむ。
大阪を健全にするのと、壊すだけ壊して後は知らんというのはわけが違う。

卦体な日本人に嫌な感じの奴が増えたものだ。怖いのはそういう輩が妙に評判がよい事だ。
見抜く目が弱っている、
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
2011/09/23 (Fri) 01:39

お知らせ

今ではケータイ2台持ちは当たり前になっているが、少し前までは2台持っていると邪推されたものだ。斯く言う私も2台持ちだ。用途によって使い分けている。が、普段からケータイについては苦言を並べているし、何よりも勿体無いと痛感している次第。ここらで整理しようと考えている。塾生や保護者との通信にと使っているケータイもよくよく考えてみれば、ケータイである必要はないわけだ。

昔、授業中に親からケータイ電話が掛かってきて、無造作にその電話に出た塾生が居た。私は厳しく注意したものだった。が、今では、授業に来ても電源を切る子は居ない。休憩になると何よりも先にケータイをさっと出してメールチェック。(実は、これ、すごくテンションが下がるんである。)

私の信条は自分にできぬ事を子どもに強要しないということである。そういう意味でタバコを辞めて自信がついた。次はそれより難しいケータイだ。時節柄、禁止はできまい。行き帰りの連絡もあろう。だが、せめて授業中は電源オフにしたいし、させたい。

ケータイはどういう神経の襞に入り込むのかわからないが、辞められない麻薬なのである。一切使うなとは言わぬが、あまり価値のあるものとも思えないし、何より子どもにとって圧倒的に害が多い。それを平気で見過ごすわけにもいくまいと思う。

枕が長くなってしまったが、要は連絡は塾の固定電話にお願いしますということである。気を遣って子どもさんのケータイに掛けるのは却って間違っている。塾にいるのがわかっているのだから、塾の電話に掛けてきてくださいということになる。実に当たり前すぎるほどのことだ。

不急の用件は勿論電子メールでお願いします…ということになる。
勿論、送信はケータイからで結構です(^J^)
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2011/09/20 (Tue) 03:11

magic?

以前、腕立て伏せや腹筋、ストレッチなどを毎日やっていた。入院したあとサボっていた。痩せたからちょっとサボってもいいか!と甘えた。でも、ちょっとずつお腹にお肉が乗っかってきて、えらいことになりそうだった。
ある日、レッグマジックを借りることになった。そんな道具で如何程の効果があるんだろうか?と半信半疑だった。ちょうど深夜に通販で出ていた。1ヶ月でウエストが何センチも細くなった…やってるやってる、絶対うそや!と思ってた。

まだ、一週間くらいしかやっていない。が、少し変化が現れてきた。お肉が少し取れたようだ。そしてその下に硬い筋肉が付いてきている。それと、だるかった脚がしゃんとした。
もしかしたら、体型を変えられるかもしれない。それには、継続、継続。
1回3分。1日3回でいい。なめていたらえらい目に合う。この1分がむちゃくちゃ辛いのである。
今度こそ引き締まったお腹を手に入れられるだろうか(^^)v
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。