FC2ブログ

Archive: 2012年01月  1/2

陶板

No image

クマ塾にお越しになった方ならご存知かもしれないが、入り口に陶器で作った看板がある。同級生で陶芸家の“巨匠”が作ってくれたものだ。初夏に入院して、復帰した初日に教室に行ってみると、ネットに吊るしたギターとその陶板が落ちていたと講師に聞かされた。よく見ると四隅のうちの二隅が直角三角に割れていた。私は、ちょっと不思議な気持ちになった。今もその欠片は捨てないで置いてある。先日、かの巨匠に会いたくなって工房を...

  • 0
  • -

わったん

No image

閉鎖を告げて一週が過ぎた。別段どうということもなかったが、私の耳に入ってこないだけかもしれない。塾生に公表したので、卒業生やお世話になった方などにも知らせ始めている。皆、一様に残念がって戴き、そして私の心配までしてくださる。実にありがたい、勿体無いことである。私はこんな日が来ることを2年ほど前から既に覚悟していた。同時に何かのきっかけで好転しないかという期待もあった。それが1年前にはもうかなり現実...

  • 0
  • -

お知らせ

No image

当会は開講以来14年が経ちました。多店舗塾が林立する地域にありながら、小さいということを生かした当会ならではの指導を心がけて参りました。その針路を見失うことなく歩んで来られたことは誠に大きな幸せでした。しかしながら、長く続く不況による影響は大きく、当会のような何らの組織力をも持たぬ個人塾には逆風が吹き荒れました。それでもなんとか耐えに耐えてここまで参りましたが、最早存続が困難となってしまいました。...

  • 0
  • -

報告

No image

今日、17日で当会受験生の平成24年度中学入試は完結いたしました。みな非常によく頑張りました。多少の反省点もなくはないですが、それは重箱の隅の話。何よりも普段着のままで入試を終えられた事が尊いと思います。受験というものを通して成長してほしい。受験という機会を自己鍛錬の場にしてほしい。そういう願いで当会は受験と向きあってきましたが、見事にそれは達成してくれたと思います。これから春の新入学まで気を抜か...

  • 0
  • -

入試の朝

No image

私は入試応援に行かない。行かなくなってもう何年にもなる。ここが個人塾の哀しさである反面、子ども達は本来の形で受験を経験できる。受験とは本来プライベートなことなのである。指導の親切がゆきすぎて、その領域に塾の先生が土足で上がりこんでいるのである。一日も早くそのことを思い出してほしいのだが、叶うまい。応援には行かぬが子供たちが電話をくれる。みな元気そうな声だ。頑張ってくるよ!と言ってくれた。何年も一緒...

  • 0
  • -

人生、いろいろ

No image

私は今までの人生を振り返ってみて、自分の人生に悔いることはあまりない。が、思うような人生を歩いてきたとは思っていない。寧ろ、物事がスムーズに運ばないことが多く、誰かの、そして何かの力に翻弄されることが多かった気がする。所謂、「向こうあわせ」と言うか、「待ち」の多い人生だ。今日、実に爽やかな青年が来た。今年、大学に進む。彼はクマ塾に6年になる寸前に登場した。近くの個別教室に通っていたが、別のクマキッ...

  • 0
  • -