--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/02/27 (Mon) 03:30

夢のあと?

クマ塾が終わった。
私は普通のおじさんになった。

日曜日。友人に書棚とかピアノなどの備品を引き取ってもらった。
一人だったら寂しくてやりきれなかったと思う。

お別れ会。クマはやっぱり泣かなかった。
ゲストで来てくれた徳ちゃんは大泣きしてくれた。
子ども達も次々と泣き出した。それでも顔を上げて歌を聞いてくれた。

私は一人ひとりの顔を見ながら歌うことができない。
見れば確実に泣いてしまい、歌にならない。
それも悪くはないが、やっぱり思いを乗せた歌をちゃんと歌いたい。

キッズ達は教室で何度も聞いているはずの曲だ。
でもこの日は特別気持ちを込めて歌った。

子ども達の綺麗な綺麗な涙を見ていて、こんなやさしい心の持ち主が不幸になるはずがない…そう確信した。
私はこんなに心の綺麗な子ども達にもの教えていたのだ…ということを再確認した。

クマと過ごした日々。
心の片隅に置いておいてね。

クマが言い続けてきたこと。
心の真ん中に据えて生きてね。

それは何か…って?
いえねぇ、一人ひとり蒔いた種が違うんで…。

私も心の水面に少々波紋が起こっている。
少しだけ時間を掛けて静めたい。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*12 | 塾のこと
2012/02/24 (Fri) 01:26

いよいよ最後の授業

金曜でクマ塾のすべての授業が終わる。そして、土曜日はお別れ会をする。もう頭の中であらゆることに、すべての人にお別れをしてきた。あとは楽しく過ごして教室を閉めたい。

ある子がクマに聞いた。
最後の日、クマ泣く?
うーん。もう心の中でいっぱい泣いたからね、泣かないと思うよ。。。
そんなストレートな質問を発しないまでも、様子を見ていて、少しでも長く塾に居よう、自習に来て教室を見ておこうという子がいる。私はなんと幸せな人間だろうと思う。

閉めるにはそれなりの理由があった。自己分析はできているが、腑には落ちていない部分も正直ある。
そんなことや次の自分の立ち位置を探すことも含め、少々の猶予が必要だ。

クマ塾はちょうど半分の時点で移転した。ずっと同じ場所に居て閉鎖となったら思いが入りすぎて堪らなかっただろう。が、7年でも十分な持ち重りがする。

来週、片づけをしながら案外どかんと来るかもしれない。
私という人間はそんな人間なのである。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2012/02/18 (Sat) 03:46

カウントダウン

いよいよ閉鎖まであと一週間となった。
色んな方が声を掛けてくださる。挨拶といって来訪してくださる。
驚きました…。
いつからそんなに…。
心配してくださる。

これからはもう先生と連絡取れないのですか…。
またお話聞かせてください…。
ありがたいことである。

人と出会った瞬間から別れに向けてのカウントダウンは始まっている。
“その人と居る時間”は有限なのである。
だが、たくさん会えると思うと時間は大切にしない。
残りが少ないとわかると急に慌てる…。
世の常、人の性である。

一期一会とは、生き死にをたくさん目撃した人だからこその悟りかもしれない。
もうこの人に二度と相見えることはないかもしれない…そう思った瞬間に様々なことが氷解する。
が、体温の高いうちはそうはなれない。
人とは厄介な生き物である。

Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
2012/02/05 (Sun) 03:38

節目

閉鎖を告げて2週間が過ぎた。
6年生達は早めに来たり、休憩の時間を使ったりしてクマとゲームをしている。DSマリオカートである。クマも初めてやってみて、その面白さに驚いている。こりゃ親に隠れてこっそりやるわけだ…などと合点した。そして、やっぱり睨んだ通りかなりやりこんでいる子が居る(>_<) 使う技が玄人はだしである。
ま、でもあの子達にしたら、受験も終わったし、次の勉強もしてることだし、ちょっとクマと一緒に遊んでもいいじゃん!思っているんだろう。それにゲームならクマには負けないし…(笑)
ワイワイ言い合いながら興じている。何を隠そう私もゲームは嫌いではない。但し、シューティングとカーレースものに限ってのことだが…。

教室の片付けが始まっている。だができる限り最後の授業の日まで温存しておいて最終週の休講日に一気に片付けようと思っている。物が少なくなっていく教室で勉強するのは子ども達に失礼だと思うのだ。そして辛いのではないかとも思うのだ。

嬉しいことに捨てる物が殆どない。買い取ってくれたり、もらってくれたりする。
塾を閉めるのは残念だが、こういう閉め方ができることは実に幸せなことである。
綺麗に倒れたい…今はそう思っている。

暦も新しい年に入った。今年の春は寂しがってばかりは居られない。
Trackback(-) comment*6 | 一筆示し参らせ候
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。