FC2ブログ

Archive: 2012年12月  1/2

一年の計

No image

一年の計は元旦にあり…が勿論正しい。が、旧年を省みての計であるはず。たかが、ブログ。されどブログ。このブログという“原稿用紙”に私は1400本もの文章を書いたらしい。2006年の7月6日にこのfc2ブログのお世話になり始めた。通算すると3作目のブログ。だからルーズリーフというブログは正確にはクマブログ#3となる。今年は140本ほど書いている。極端に少ない月に私は体調を崩したり、精神的にダメージを受けたりし...

  • 0
  • -

ひし形

No image

日本の近海は上下左右のばねの均衡で成り立っている…と誰かが言った。鳩山の暴言でアメリカの海兵隊が引いた途端に領土問題が噴出した。その後のアメリカの日本に対する冷遇を見ればそれが類推できる。中国が五月蝿いから都が尖閣を買うことにした…と思ったら横から野田が手柄?を掻っ攫っていった。いや、そういうことじゃないんだよなぁ。。。中国という国は図体はでかいが体力はさほどないのである。今後はその弱点をジャブを多...

  • 0
  • -

NHK大河ドラマ「平清盛」に思う

No image

ここ何年もNHKの、いわゆる大河ドラマには失望していた。ま、今回も決して褒められたものではなかった。清盛に縁の深い兵庫県の知事がまず文句をつけた。今回、放送終了に当たってまた苦言を呈したという。が、ここでちょっと思うことがある。それは、見る側の「力量」が不足してはいないのか…ということだ。そもそも、NHKは硬いとか面白くないと感じる人は少ないないはずである。そのNHKが作った歴史ドラマが“単純に面白...

  • 0
  • -

雑感

No image

維新と言葉で言えば簡単だ。が、維新当時、世の中変えるために奔走した若者がどれほど命を散らしたか…。そんな夥しい犠牲の上に明治が乗っかった。大して矢面に立たず、要領のいい奴が革命の戦利を貪った。ん?「いしん」とはそういう意味で使っているのか?や、これは皮肉。すでに維新はひび割れた。瓦解が近いかも知れぬ。やっと暗黒の3年半が終わる。まぁ、しかし、本当に民主党というのは素人集団だった。優秀な人材も少なく...

  • 0
  • -

夜になると…

No image

年は取りたくないものだ。今年は次々と病気に罹る。まぁ、一つ一つは大したものがないのだが…。3週間前に風邪を引いた(と思った)。内科で見てもらい、抗生物質などを服用した。すぐに収まった。でも2~3日するとまたぶり返した。で、また薬。で、収まって…これを足掛け3週間やってしまった。こりゃ、耳鼻科じゃなと思い、尋ねた。“口呼吸してませんか?”“いびきは…”“お風呂に入ると楽になるでしょ?”いくつかの質問はことご...

  • 0
  • -

小朗報

No image

そんな言い方は多分ないのだろうが…ちょっとした朗報である。今から約10年前。兄は私の勧めでギターを始めた。行きつけの楽器店で適当な機種を見繕ってもらい、東京へ配送もしてもらった。兄は決して器用ではない。しかも四十の手習いどころか、もう還暦すら過ぎていた。それがギターを始めたのである。一昨年だったか…。その腕前を聞かせてもらった。よく頑張ってここまで来たという感じがした。みんなFコードの音が綺麗に出せ...

  • 4
  • -