--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2012/12/31 (Mon) 12:31

一年の計

一年の計は元旦にあり…が勿論正しい。が、旧年を省みての計であるはず。

たかが、ブログ。されどブログ。このブログという“原稿用紙”に私は1400本もの文章を書いたらしい。2006年の7月6日にこのfc2ブログのお世話になり始めた。通算すると3作目のブログ。だからルーズリーフというブログは正確にはクマブログ#3となる。
今年は140本ほど書いている。極端に少ない月に私は体調を崩したり、精神的にダメージを受けたりして転げそうになっているのが手に取るようにわかる。
塾を閉めちゃったんだから潔く閉じた方がよいのかもしれない…と何度も何度も思った。が、その都度思い留まった。やはり駄文でも書くことが好きなのであろうと思う。
お手本にしていた先輩ブロッガーが辞められた時は本当にこたえたものだ。彼が居たらこの世情なんと切る?!と何度も悔しがった。

五十路も折り返した途端、人生の一大転換を経験し、未だその余波を痛切に感じている。
今年は同世代の有名人が多く亡くなった。五十を越えたらそこからはおまけだ!とよくほざいていたが、実際その立場に立ってみて改めてそう思う。
だからこそ、この年代は若い頃と違って深いのである。故に楽しくもあるが、痛みも堪えるのである。
我が父は今の自分より一つ二つ上の年齢で寂しく死んでいった。本人が蒔いた種とは言え、さぞかし心細かったに違いない。

安部さんが首相に返り咲いた。彼こそ世襲議員の王道である。サラブレッドと言って良い。
その安陪さんはきつい病気を患った。お腹が痛くなって辞めちゃった…などとメディアで平然と言い放つ輩は勉強不足であり、人前で物を言う資格のない連中である。その症状がどんなに辛くて、情けないか…やった人間しかわからない。
日本の社会はリバイバルの利かない社会だと思っていたが、豈図らんや!彼は見事に返り咲いた。
この3年半。国民が頼れるリーダーを切望するようになったからだろう。
今度もし病気が再発しても、安倍さんは辞めてはいけない。首相官邸に医師団を呼び、そこで療養すればよい。決して軍配を手放してはいけない。

私はこのブログを書き始めた頃より新聞購読者は減り、ネットで自ら必要な情報を自主的に探し、選択する大衆が増えた。訳のわからないネットユーザーも少なくないが、メディアに翻弄されない良識者も激増している。以前のような大新聞やテレビの安部叩きでは通用しない。それが故に、今回はもっと気をつけて欲しい。

レアアースを売り渋っていた中国が、今度は逆に増産するから買ってくれと言い出している。なんともはや…わかってはいたが子供だましの国である。適当にあしらって余計な波風の立たぬように基礎を修繕して欲しい。

防衛省がオスプレイ導入を検討し始めるらしい。
これどう思いますか?ってのが今一番民度を計るのに適した質問かもしれない。
私?…勿論、○○ですがな!(^^ゞ

長くなってしまった。
今年も一年、ありがとうございました。

余談。
年賀状に、「新年 明けまして おめでとうございます。」と書いた。
これ、間違った日本語なんですね。やってしまいそうな落とし穴です。
これで出してしまった方、なぜ誤用なのか考えみて下さい。

では、よいお年を!
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2012/12/27 (Thu) 10:00

ひし形

日本の近海は上下左右のばねの均衡で成り立っている…と誰かが言った。鳩山の暴言でアメリカの海兵隊が引いた途端に領土問題が噴出した。その後のアメリカの日本に対する冷遇を見ればそれが類推できる。

中国が五月蝿いから都が尖閣を買うことにした…と思ったら横から野田が手柄?を掻っ攫っていった。
いや、そういうことじゃないんだよなぁ。。。中国という国は図体はでかいが体力はさほどないのである。今後はその弱点をジャブを多用して突いてゆくべきである。

この三年と数ヶ月は日本史上稀に見る危険な時期であった。民主が政権を持っている間に取ってしまえ!という意気込みであの二国はかかってきていたのである。

改正不能の憲法を押し付けられ、見せ掛けの平和憲法を自慢してきた日本。
そのことが国民と政治家の溝を深くした。衆議院は民意を十分には反映できていない。
それは我々が「政治」という言葉を思い浮かべるとき、選挙しか方法がないからだ。
ところが頻繁に憲法改正の発議が起こり、国民投票の機会が増えれば、国民の関心が政治に向く。
そうなってこそ、衆議院議員は代議士と呼ばれる価値がある。

民主は東シナ海のひし形バランスをむちゃくちゃに壊した。
こんなことをしでかした宰相はかの国なら絶対に死刑にされる。
が、日本では叙位される・・・?変な国柄だ。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2012/12/26 (Wed) 10:00

NHK大河ドラマ「平清盛」に思う

ここ何年もNHKの、いわゆる大河ドラマには失望していた。
ま、今回も決して褒められたものではなかった。

清盛に縁の深い兵庫県の知事がまず文句をつけた。
今回、放送終了に当たってまた苦言を呈したという。

が、ここでちょっと思うことがある。
それは、見る側の「力量」が不足してはいないのか…ということだ。

そもそも、NHKは硬いとか面白くないと感じる人は少ないないはずである。
そのNHKが作った歴史ドラマが“単純に面白く”てはだめであろう。

私も全部ではないがかなり見た。
あまりすきっとした映像でないことは同感である。
だが時代を考えれば、あまりきれいすぎても嘘っぽいであろう。
それといつも通り、配役が少々人気取りに奔っている気がする。
まずは、主人公の配役ありき…という感がする。

大河ドラマは小難しくてもよい。
ただ、なぜその主人公なのか…その周辺を解説する番組を作って流せばいい。
番宣ではなく、暦とした番組である。

あくまでもドラマなのだが、そこは国営放送である。
あの「新撰組!」や「龍馬」のような薄っぺらい歴史ものはいくら小説とはいえ、教育上よろしくない。

視聴率などNHKは気にせずともよい。
知事がなんと言おうが、どっしりとした大河ドラマを作ればよいのである。
ただし、きちんとした歴史観を持って…。

兵庫県知事の発言は思い上がりからきた一種の「内政干渉」である。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
2012/12/22 (Sat) 10:35

雑感

維新と言葉で言えば簡単だ。が、維新当時、世の中変えるために奔走した若者がどれほど命を散らしたか…。
そんな夥しい犠牲の上に明治が乗っかった。大して矢面に立たず、要領のいい奴が革命の戦利を貪った。
ん?「いしん」とはそういう意味で使っているのか?
や、これは皮肉。
すでに維新はひび割れた。瓦解が近いかも知れぬ。

やっと暗黒の3年半が終わる。
まぁ、しかし、本当に民主党というのは素人集団だった。優秀な人材も少なくなかったはずなのに。
政権はそう簡単に運営できるものではない。批判と実践にあまりに差がありすぎた。
まぁ、しかし。この選挙で民主に残った代議士はある意味骨がある。骨があるだけで現役閣僚がポロポロ落選したのが今の世論なのである。

関西に党首が居て、しかも首長をやっていては党運営は無理だろう。
で、首長と参議院議員を兼務ってのは無茶な話。どちらにも無礼である。参議院がどうしようもない衆議院のカーボンコピー…と言った橋下発言は、あれは実は大問題である。なぜ誰も指摘せぬのか?
首都圏の首長ならまだしも、関西はどだい無理であろう。そんなことしたら、市民や県民は黙っちゃいない。

世襲議員がダメという。確かに誰かさんの娘みたいな世襲議員はダメだ。
が、小泉進次郎はそうではない。自分の選挙区には殆ど入らず、全国を飛び回って応援演説。一年生議員にそれはどうかとも思うが、なんと彼は比例の重複を辞退しての立候補である。いかに普段からちゃんと“政治”をしていたかがうかがえる。
しかし、それにしても、安倍さんを根強く嫌うメディアがある。
何がそんなに疎ましいのだろう。(勿論、理由は想像できるのだが…)

ま、取り合えず、外国人参政権が成立しなかっただけマシである。

ロシアと上手に仲良くなって、インド、タイ、ベトナム、ミャンマーなどの国を大切にして、台湾をさりげなく厚遇すればいい。
んなことは、安倍さんはわかってるか…(^^ゞ

慎重にやってほしい。取り戻す…と力強いのは良いが、まずは全うにやれば結果は出るはず。
取り戻す前に落ち着かせて欲しい。

個人的には宮沢洋一さんに表に出てきてほしいと密かに思っている。
この人は、本当にできる。

ま、何はともあれ、26日だ。。。
Trackback(-) comment*0 | 世間のこと
2012/12/22 (Sat) 10:00

夜になると…

年は取りたくないものだ。今年は次々と病気に罹る。まぁ、一つ一つは大したものがないのだが…。

3週間前に風邪を引いた(と思った)。内科で見てもらい、抗生物質などを服用した。すぐに収まった。
でも2~3日するとまたぶり返した。で、また薬。で、収まって…これを足掛け3週間やってしまった。
こりゃ、耳鼻科じゃなと思い、尋ねた。

“口呼吸してませんか?”
“いびきは…”
“お風呂に入ると楽になるでしょ?”
いくつかの質問はことごとく的中した。

結局は乾燥肌の人間は粘膜も乾燥するのか…という話である。

マスクして寝てください…だそうだ。

今日は一日中マスクマンだ。

結構、楽になった。

花粉症も辛いが、乾燥症?も辛い。
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
2012/12/20 (Thu) 10:30

小朗報

そんな言い方は多分ないのだろうが…ちょっとした朗報である。

今から約10年前。兄は私の勧めでギターを始めた。行きつけの楽器店で適当な機種を見繕ってもらい、東京へ配送もしてもらった。兄は決して器用ではない。しかも四十の手習いどころか、もう還暦すら過ぎていた。それがギターを始めたのである。一昨年だったか…。その腕前を聞かせてもらった。よく頑張ってここまで来たという感じがした。
みんなFコードの音が綺麗に出せないから辞めてしまうのである。そこをよく乗り越えたものだ。

その兄がなんと地元のライブハウスで二度もステージに立ったのだと知らせてきた。
恐ろしいことに二度目は、アメイジンググレイスを歌ったというではないか!(私なら絶対しないチョイスだ!)
快挙である。やはり人前で弾いてなんぼである。よくぞやった!!(^^)!

ところで兄は、そのステージでなんとドブロギター(勿論コピーだが…)を弾いたというのである。
そう、あのドブロ!ボトルネックでなく、フラットチューニングで…。
それがまたいい雰囲気だったと客に唆されたらしい。
やられた!(^^ゞ

また、練習する気になった。久々に。。。
兄に、CCRの“雨を見たかい?”を薦めてみた。なかなかの佳曲である。
薦めた以上、自分もせずにはなるまい。
Trackback(-) comment*4 | どーってことない話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。