--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/03/30 (Sat) 11:51

CM

インターネットを見ているとたくさん広告が目に入る。
中には訃報に相応しくないCMが貼り付いて来たりする。キーワードで引っかかってくるのだろうが、もう少しどうにかならないものかと思わなくもない。

先日、何気なくテレビを見ていたら、CMで主婦と思しき女性がフラダンスをしている。うっすら笑みを浮かべて気持ちよさげである。そしてその動画のバックにナレーションが流れる。
主人が糖尿で心配なんです…って(~_~;)

心配してないやんっ!

いつ倒れてどれだけ費用が掛かるか…その心配か(^_-)

そう言えば、私は昔、それと同様な事を面と向かって元家人に言われた記憶がある。
○○とは、げに恐ろしき生き物なりや?!

あ、違ってたらごめんなさいm(__)m
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | もの申す
2013/03/30 (Sat) 11:44

ロンバケ

今、週のうち数日授業をさせてもらっているところが、この業界には珍しく春休みを取っている。
よって、私も期せずして休みである。この春は、子どもの入学準備期間に当たって、そういう意味では丁度良かった。私はこの時期、いつも寂しがっていた。受験生との張り詰めた良い関係が入試の終了とともに消滅し、別れと次の未知数への不安とで厄介な気持ちの切り替えをしなければいけない時期だからである。
ずっと待ちわびた暖かい春。体は伸びをするが、心が萎んでいるのである。

今日、子どもは入学前の親睦花見の会に出掛けた。初の一人登校である。
阪急淡路を淡路島ではないかと疑う子である(実は今もって疑っている様子である^_^;)。乗換えを間違えてとんでもない所に行くのではないかと不安だったが、今、烏丸…というメールに安堵した。

そう言えば、伊丹に住んでいた頃、家人の反対に合い、私の意に反してこの子は環状線で学校に通っていた。環状線は勿論ループである。反対に乗ってしまってもちゃんと目的地に着く。
乗車区間は大阪⇔鶴橋だった。
が、この子は帰りも“同じ方向”の電車に乗って帰っていた。
大阪→鶴橋→大阪である。⇔ではなく→なのである(^^ゞ
それが入学後約1週間で判明した。

私は、女子には歴史が好きな子は少ないと認識している。が、入学前“この学部は女子が多い”と子どもは言っていた。おかしいな…あ、学部ね。学科じゃなくて…。

先ほど、花見の会の受付を済ませてメールを寄越した。
どうも男子が多い?みたい…。
(そやから言うたやろ!)とは返してしない。

私の部分的ロンバケは来週も続く。
やっと、子どもが大学に行ってくれるのである。
ギターだこがなくなってしまった。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2013/03/22 (Fri) 02:22

アラ還

私の兄は60歳を過ぎてからギターを始めた。私は四十の手習いだったが、兄はその比ではない。さぞや苦労したに違いない。お前はどこのスクールで習ったんや?何年やってるんや? どうしたらそんな風に弾けるんや…。兄は私を質問攻めにした。私はスクールに通うかわりに好きな音楽を聴き、ビデオを擦り切れるまで見、楽譜を集めた。楽譜と言っても読めるわけではない。タブ譜である。
いつの間にか、CDやDVDと一緒にやれるようになっていた。勿論限界点は低い。が、それでいい。何せ私の目標地点はブラックバードだったのであるから。

少し前、キムタクの若き日のドラマが再放送されていた。
中年域に差し掛かった私はそのドラマを見ていた。中で彼はピアノ弾きを演じている。
その挿入歌を“弾きたい”と思った。
ギターでなく、“鍵盤”で。。。

CMにならってタブレットでやりますか…?
ヤフオクでキーボード落として、それでやりますか…?

音楽を楽しみながらいつも持っている劣等感。
それは“ピアノ頭”である。
なんで左右別の旋律が弾けるんだろ…。

どうやら右と左を別々に稽古して、あるとき合わせるんだそうな…。
そりゃわかる。が、合うのか…。赤いちゃんちゃんこ着るまでにはマスターしたい。

ところで…。
私は自分の還暦祝いに赤いギターを買っている。
もう何年も前に…。

10年弾いたら育つだろ。今、50だから…。んじゃ赤にするべ…と。
そのじゃじゃ馬娘はウエイバリーの御蔭でとても涼やかになるギターに育ってしまった。
が、これは余談。

どうする…close to you(~_~;)
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2013/03/22 (Fri) 01:29

Old friends

旧友が知らせをくれ、会った。
本人はいずれこれを読むだろうからこっ恥ずかしい…が、書く。

彼は見かけはとてもスマートな“好青年”だった。が、その実浪花節のわかる熱い男だ。
ある事件以来、私は彼を特別な位置に置いた。

が、数多くの風雪に見舞われ、互いの距離が開いた。
もう会う事もないかもしれないと思い始めた矢先、少々疲れていた私に連絡をくれた。

会うと瞬時にして当時に戻れた。同級生のそれに似ている。
お互い縛りがなくなった今、何かやりましょうよ!の彼の言葉がきらきら輝いて見えた。

ちょっとニュアンスは違うかもしれないがフェイバリットソングをここに貼り付けたい。
重複かもしれない。が、もう1500もの駄文を貼り付けたこのブログ。一つ二つの重複はご容赦m(__)m

では…。
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2013/03/12 (Tue) 10:10

世間知らず

この仕事をしていると世間を知らない子どもによく遭う。
例えば大阪市内のど真ん中に住んでいて地下鉄に乗ったことがない子。
カツ丼を中学生になる寸前まで食べたことがない子…。
いろんな“…ない子”が居る。

我が娘は決して決してお嬢様育ちではない。
その事、まずお断りしておいて…と。

先日、大学までの通学ルートについて話していた。

私:やっぱり京阪より阪急がいいなぁ
娘:うん。あの傾いた電車は嫌やわ(^^ゞ
私:うん。阪神とどっこいやったなぁ。
娘:阪神も斜め向いてるんやな。。。
私:地下鉄で淡路まで出て、阪急に乗り換えて…乗り換え多いけど結局速いよなぁ。
娘:な、聞いていい?あの電車で淡路島まで行けるん?

どひゃ~~!
だめだこりゃ。

別に世間なめてませんから。迷惑も掛けてませんから…(^^ゞ
でも、なんか、すんませんm(__)m
Trackback(-) comment*2 | 子どものこと
2013/03/11 (Mon) 02:06

にっぽんばし

友人が家に無線LANを付けてくれた。
久々に会い、歓談した。
その後、男二人で業務スーパーに行き、食料品を買い、にっぽんばしに出た。
電子部品屋さんを梯子した。

ちょっとにっぽんばしが元気を取り戻しましたね…と合点しあった。
スマホの流行からか、ヘッドホン専門店ができていた。

私は、自作アンプとスピーカーに目が輝いた。
特に真空管アンプ。あの上品な音の立ち上がり方! やっぱり昭和のオーディオ少年には真空管がいい。
あの音が基本になっているのである。

ギターアンプ。真空管にしておいて正解であった。

いよいよ、何かしよっと…(^^♪
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
profil
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。