FC2ブログ

Archive: 2013年03月  1/2

CM

No image

インターネットを見ているとたくさん広告が目に入る。中には訃報に相応しくないCMが貼り付いて来たりする。キーワードで引っかかってくるのだろうが、もう少しどうにかならないものかと思わなくもない。先日、何気なくテレビを見ていたら、CMで主婦と思しき女性がフラダンスをしている。うっすら笑みを浮かべて気持ちよさげである。そしてその動画のバックにナレーションが流れる。主人が糖尿で心配なんです…って(~_~;)心配し...

  • 0
  • -

ロンバケ

No image

今、週のうち数日授業をさせてもらっているところが、この業界には珍しく春休みを取っている。よって、私も期せずして休みである。この春は、子どもの入学準備期間に当たって、そういう意味では丁度良かった。私はこの時期、いつも寂しがっていた。受験生との張り詰めた良い関係が入試の終了とともに消滅し、別れと次の未知数への不安とで厄介な気持ちの切り替えをしなければいけない時期だからである。ずっと待ちわびた暖かい春。...

  • 0
  • -

アラ還

No image

私の兄は60歳を過ぎてからギターを始めた。私は四十の手習いだったが、兄はその比ではない。さぞや苦労したに違いない。お前はどこのスクールで習ったんや?何年やってるんや? どうしたらそんな風に弾けるんや…。兄は私を質問攻めにした。私はスクールに通うかわりに好きな音楽を聴き、ビデオを擦り切れるまで見、楽譜を集めた。楽譜と言っても読めるわけではない。タブ譜である。いつの間にか、CDやDVDと一緒にやれるよう...

  • 0
  • -

Old friends

No image

旧友が知らせをくれ、会った。本人はいずれこれを読むだろうからこっ恥ずかしい…が、書く。彼は見かけはとてもスマートな“好青年”だった。が、その実浪花節のわかる熱い男だ。ある事件以来、私は彼を特別な位置に置いた。が、数多くの風雪に見舞われ、互いの距離が開いた。もう会う事もないかもしれないと思い始めた矢先、少々疲れていた私に連絡をくれた。会うと瞬時にして当時に戻れた。同級生のそれに似ている。お互い縛りがな...

  • 0
  • -

世間知らず

No image

この仕事をしていると世間を知らない子どもによく遭う。例えば大阪市内のど真ん中に住んでいて地下鉄に乗ったことがない子。カツ丼を中学生になる寸前まで食べたことがない子…。いろんな“…ない子”が居る。我が娘は決して決してお嬢様育ちではない。その事、まずお断りしておいて…と。先日、大学までの通学ルートについて話していた。私:やっぱり京阪より阪急がいいなぁ娘:うん。あの傾いた電車は嫌やわ(^^ゞ私:うん。阪神とどっ...

  • 2
  • -

にっぽんばし

No image

友人が家に無線LANを付けてくれた。久々に会い、歓談した。その後、男二人で業務スーパーに行き、食料品を買い、にっぽんばしに出た。電子部品屋さんを梯子した。ちょっとにっぽんばしが元気を取り戻しましたね…と合点しあった。スマホの流行からか、ヘッドホン専門店ができていた。私は、自作アンプとスピーカーに目が輝いた。特に真空管アンプ。あの上品な音の立ち上がり方! やっぱり昭和のオーディオ少年には真空管がいい...

  • 0
  • -