--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2013/04/20 (Sat) 10:15

悪いようにはしません

悪いようにはしません…五十を越えてから、子どもの親が持つ不安にこう答えるようになった。目を逸らさずに見ていればわかるし、あちらも外套を脱ぎ捨ててぶつかって来れば、そう悪い結果にはならないものである。期日までにはなんとか形にします…ってのが、“悪いようにはしません”の意である。

よせばいいのに非常勤のくせに面談に入っている。昨日、その際に親が言った。私が言っても聞かないので、もう一度先生方と私の居る前に本人を連れてきて、頑張ると言うことを誓わせて欲しい。先生の言うことなら聞きますから…。

返事が一瞬遅れた私の横で、最近三者面談が大好きな若い先生が“はい、ぜひやりましょう!じゃ、さっそく来週にでも…”と言い放ってしまった。

やや間を置いて私はこう言っておいた。
“お母さん、今はそれでもいいかもしれない。でも本当はその部分はおうちでやるべきことです。で、そうしておかなければ、子どもさんが中学・高校と進学して行ったときにもっとお困りになりますよ”とやんわり釘をさした。多分、若い先生にも親にもそれは通じなかったはずである。
因みにその子は一人で買い物にいったことがたった一度あるきりである。

子どもは…いや、人は学習だけで成長しない。
生活知は、実は学習知に負けず劣らず、重要なのである。
今の子は知識はたくさん持っている。が、それが独立していて、いざと言うときに威力にならない。
局面に応じて、いくつかの知識を総合して、反応ができて初めて役に立つのである。
言い換えれば、それが知恵ということになる。

ざっくり言えば、理屈こねる前に動け!ってことで…はい^^;
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
2013/04/20 (Sat) 10:05

甘え

最近、テレビの画面に視聴者からのコメント(ツイート)を流したり、取り上げたりする番組が増えてきた。
ブログやツイッターなどで素人がいっぱしのジャーナリスト気取りするのはよろしいと思う。
が、デジタルの普及で可能になったとはいえ、己の番組に視聴者の意見を流すってのはちょっと違う気もするし、ひどく安っぽく見える。
報道は言い放って、その後の視聴者の反応という審判を受けるべきである。
番組中にさも視聴者も参加しています風に組み入れるのはずるい手法ではないか。

それにしても、スマホやタブレット。問題が多い。
使い手がその能力に付いていけてないのが最も問題である。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
2013/04/20 (Sat) 10:00

肌感覚

もうすぐゴールデンウイークである。にもかかわらず、雪が降ったところがあるらしい。
歳のせいなのか、気候不順なのか、気候変動なのか…私はここ(少なくとも)数年の間、爛漫の春を知らない。
歳のせい…と書いたのは、確かに暑さ・寒さに対する順応性が落ちていることを実感しているからである。
で、どうなんだろうか。皮肉だが、温暖化しているのではなかったんだろうか。

もっと不思議なのは、まだ風が恋しくないこの季節。
電車だけはもう初夏モードである。
昨日、肌寒さを感じながら家を出、地下鉄に乗った。
もう送風ががんがん回っていた。
いつからか日本人は北方系の民族になったんであろうか。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
2013/04/15 (Mon) 10:10

新学期

新しい学年が始まった。
世間の大学受験に比べたら、娘の受験は大変楽であったというべきだろう。
やはり、2年の夏に方針を固めて正解だったと言える。

先日、テレビで西成高校の先生の奮戦記を見て、ぐっときた。
先生は忙しそうだったがそんな語彙は彼にはないかのように子供達の就職のために奔走していた。
羨ましい。そしてこれこそが教育の原点であることを思い出した。
私もそれなりに生徒のためにやってきた自負がある。
が、この若い先生の貢献度に比べたら何もできていないに等しい。
社会に出るために教育があるのではない。
社会に出た時に社会に役立つために教育が要るのである。
その事、はっきりと念頭に置けば、大きくずれた教育にはならない。

安倍総理と枝野氏のやりとりを見ていて寒々とした気持ちになった。

ところで、やはりシンボーはダメだ。カトーはなかなかだ。
Trackback(-) comment*0 | 子どものこと
2013/04/07 (Sun) 10:41

京雀

京と言う町には色々な天下人が入っては去っていった。
その町の庶民は、だから次のお方の評判をピーチクパーチクと井戸端でやったわけである。
これを称して京雀。

今の日本のマスコミの大半はこの京雀である。

深いところで日本を支える心を持っていない。
こういうやからがわが国をこの国と平然と呼べるのである。

安倍さん。
もう報道2001には出ないほうがいいですよ。ご自身は勿論、党員の方も。
あ、朝まで…も無駄です。

というかテレビ要るのかな。
新聞もどうかと思うものばかりだし。
マスコミならぬマスゴミだ。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
2013/04/07 (Sun) 10:34

真っ当

友人と話していて彼が言った。
日本の国旗を焼き払うような国と何故そのまま付き合うのか…。
全く同感である。

さらに。
このご時勢で韓国に修学旅行に行く神経が理解できない。
これにも膝を打った。

そういう真っ当な愛国心がなぜもてないのだろうか。
さらに危機感のなさにも舌を巻く。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。