--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/08/23 (Sat) 02:22

またも再会

自分の塾でみていた子というのは、もはや他人の域を越えているのかもしれない。

大きな塾の講師をしていて何百人も何千人も教えたという実績もそれはそれは大きな事だ。
だが、何のバックボーンもなく、先生もカリスマではない。灘を出ているわけではない。谷九にあるふつうの個人塾。よくもそんなしょぼい塾に大切な子どもを預けてくださったのだと、改めて保護者の方にお礼を言いたくなる。
そんな子ども達の中でも深く印象に残る子が何人かいる。
今日はその中でも名物男と言えるクマ塾キッズと久々に会えた。

クマのことなら、なんでもかんでもよくわかってくれている。
余分な説明や気遣いが要らないし、当然会話も弾む。
去年から今年にかけてお互いの身の上に起こったことを聞き、そして話した。

面白かったのは…先日釣りに行ったときに同行した子は、この名物男の同級生になるのだが、彼女は私の見るところでは少々病んでいて危うかった。それが心配になって、先々の予定を立てたのだが、彼女は彼女で『クマが無理して元気を装ってるけど、心配…』みたいなことをLINEでこの名物くんに知らせていた…という真実がわかったことである。

それでひとしきり盛り上がったのだが、私はとてもほっこりした気分に浸らせてもらった。なんという幸せな人間であろうか…。たぶん、この子達とは生涯のつきあいになるだろうと思った。
とても貴重な時間だった。

何年も前、“オレの脈はおまえが取れ”…と励ます意味で足踏み中の彼に言った。少々、時間は余計に掛かったが、あと数年でそれが現実となる。

『医者などという者は、よほどの親切者でなければなってはならない』…阪大の祖とも言える、洪庵の一言は奥が深い。
だから、どんな小学生時代を送るか…これは本当に慎重に考えなければならない。

我が塾は吹けば飛ぶようなちっぽけな塾だったが、考えていることは松蔭に引けを取らない…今でもそう思っている。面倒なことも少なくなかったが、子どもを育てるという意味において、変えなかった習慣がその子の中にも見て取れて、私は嬉しかったのである。

自分がブレないということの難しさと大切さをまた“子ども”に教えてもらった。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2014/08/18 (Mon) 23:32

再会

今日、元クマ塾キッズに再会した。
先日来、来訪するとの連絡はもらっていたのだが、今日やっと実現した。

三人兄弟の真ん中のお姉ちゃんと弟くんである。
お姉ちゃんはもう高校2年生。やっぱり進路の事が話題になった。
もうちょっと先の事を考えて、そこに行くにはどんな大学を選べば良いか考えよう!?と薦めた。

驚いたのが末っ子くん。
なんとダンスをしているそうだ。
それもストリート系!
動画を見せてもらって感心!今度は舞台の時に呼んでね!と約束した。

二人の後ろ姿を見送りながら、あふれるほど記憶が甦ってきた。
Trackback(-) comment*2 | 塾のこと
2014/08/17 (Sun) 01:16

アリF、すごい!…の話

先日、塾生くんの母君からアリナミンFを戴いた。
良いとは聞いていた。夏だし、膝痛いし、肩は五十?肩だし…。

飲んでみた。
すると、何日かして、今までは回すと激痛が走ってた左肩・左腕…。腕が回るようになりつつある。
まだ完治とは言えぬが、違い歴然である。

それに丸々1年苦しんだ膝。
飲み始めてすぐ快方にに向かっている実感を得た。
神経とか関節には、アリナミン…かな。
Trackback(-) comment*2 | どーってことない話
2014/08/13 (Wed) 17:20

テリーのおっさん

一言多い奴、つい要らぬ事を口走ってしまう輩が居る。

代表は前都知事だが、息子もそのDNAをしっかり継承しているようでお盛んだ。

ところで不思議な御仁。テリー伊藤。
この人、ほんとに要らん事言いである。でも、画面から消えない。

基本が軽薄なバラエティーには『この手』の問題児が必要なのかも知れない。
物議を醸せば是非はともかく視聴率が上がったりするのかもしれない。

まもなく終戦記念日。テレビの垂れ流すお涙頂戴見え見えの番組で、今年もたぶんがっかりするのだろう。
きちんと筋を通して日本の足跡を辿るような番組は、国民教育としても必要である。

一般大衆は、そういった系統は無条件にマスコミを信じている。
よって意図的な偏重報道は罪が深い。
朝日新聞がその先頭をぶっちぎってはいるが、他社も似たり寄ったりだ。

そんなに日本が嫌いなら外国に行けば良いのに…そう思う人が少なくない。
気持ちの悪いことである。

とりあえず、テリーのおっさん。どーするんだろ。
ごめんm(_ _)mで済んだら警察は要らん…と、学校で習わなかったのか?
Trackback(-) comment*0 | どーってことない話
2014/08/13 (Wed) 01:43

記憶

ポールの書いたある曲の訳詞を読みたくて検索してみた。
すると、びっくりするようなすばらしい訳詞をなさる方のブログに行き着いた。
そして、そのブログでショッキングビートルズに再会した。

記憶とは実に面白い。
直接そのものずばりを思い出すばかりではなく、ある一つの事がきっかけになってまるで芋づる式にどんどん深淵からわき上がるように記憶が甦る。

甦った記憶を仕舞い込んでいた部分の脳みそに何か新鮮な空気が当たったような気がして、とても気持ちが良い。
2014/08/13 (Wed) 01:37

確執

私には家庭運がない…常にそう思っている。但し、自分だけの理を押し通しての姿勢ではないつもり。

3年間、墓参りに行っていない。
が、ある人の厚い薦めがあって、明日(すでに日付は今日)3年振りに行くことにした。

長男でも一人子でもないのにずっと親と二人暮らしだった。
亡くなっても尚、上は知らんぷりはどうよ…と無言の抗議であった。

兄弟なんて…いや、言うまい、言うまい。
なんせお盆だから。。。

いろんな人が戻ってきているから。
Trackback(-) comment*2 | 私小節
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。