--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/08/31 (Mon) 03:42

ベースギター

私をバンドに誘ってくれた友人はベイシストだ。
スティングをこよなく愛す、なかなか絵になる男である。
彼と一緒に練習するうちにベースのよさを実感することが多くなった。
ギターの3弦から6弦のオクターブ違いが4弦ベースの音階。
お、じゃ、弾けそうやな…などと勘違いして、ヤフオクでベースを見ている今日この頃である。
マルチトラックレコーダーで一人録音なんてできたら面白いかも。
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 趣味の話
2015/08/31 (Mon) 03:29

グラブ

最近、娘がソフトボールのチームに入れてもらい、練習を始めた。
ずっとやりたかったのだが私がOKを出さなかったのだ。
クラブと勉強の両立は無理という理由で…。
ちょっとかわいそうだったかもしれない。

ま、でも今からでもその分は取り返せる。
やりたいことをやればいい。

キャッチボールの相手を仰せつかり、私もグラブを買った(;^_^A
Trackback(-) comment*0 | ちょっとした話
2015/08/15 (Sat) 10:00

おかえり....

トクちゃんが亡くなって、二年が過ぎた。
一日も忘れたことはない。動揺こそしなくなったが、今でも容貌の似た男を見るとどきっとする。
でも、もう問うまい。。。

これは2012年のクリスマス会に来てくれた時の音源だ。
この数ヶ月あとにもう一度塾のお別れ会でセッションをすることになるのだが、この時はまだ誰にも打ち明けていなかった。
そして、トクちゃんもまだ生きる希望を棄ててなどいなかったはずだ。
[広告] VPS

彼はどっちがよかったのだろう。いとしのエリーにしようかと迷ったがこちらにした。
自分で作っておきながら見ている内にジーンしてしまった(^_^;)

お盆のせいか…。彼を近くに感じる。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
2015/08/08 (Sat) 02:05

Godin came back to me !

昔、ゴダン(Godin)というカナダ製のギターを持っていた。そやつはトップをブルーのサンバーストに塗ってもらった特注品。ギターというのは厳密に新品はほぼない。誰かに、いや色んな人に試し弾きされてる。
が、このゴダンは特注だったので全くvirgin guitarで手元に届いた。
が、色々あって手放した。

あれから4年。
いま、バンドに入れてもらって、どうしてもアコギとエレキのハイブリッドなギターが必要になったと感じ、色々探すうちにゴダンに行き着いた。
弦の振動を拾うピエゾというマイク、そして所謂エレキギターと同じマグネット式のマイク。しかもこれは出来ればハムバッカーが欲しい。
ドンピシャのギターがあった。
godin1-2.jpg

ま、おまけというか…ギターシンセサイザーも使えるのだが、あれは落とし穴になりかねないので使う気はない。

写真よりはもう少し藍色掛かった深い青。綺麗な杢が出ている。
光っているのでわからないが、指版がエボニー(黒檀)を使っている。実はこれは全く想定外で嬉しい誤算。
もの凄く弾きやすく、押さえ心地が…そうマーチンに似ている。やわらかくていつまでも弾いていられる。
ただし、ボディが重いのが難点。
まぁ、しかし、とっても良いギターだ。私には分不相応なんだけど、これをコンプレッサーに繋いで音の粒をそろえてサイドギターをしようと思っている次第。
Trackback(-) comment*0 | 音楽夜話
2015/08/07 (Fri) 00:11

盆休み

この仕事をしていて、こんなにものの見事に一週間休みになったことはない。病気でもなく、怪我でもなく。ただお盆なのでおやすみにしてください…そうみなさんがおっしゃる(^^ゞ

チョー、暇(^^ゞ。

ギター、上手くなるぜよ。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
2015/08/04 (Tue) 12:15

A9

A9とはギターのコードである。9は根音に長9度の音を足して、響きをよくさせた和音なのである(う~~んあんまり説明が上手くない(^_^;)) 
で、さて。スティング君はこの9thコードが大好き人間なのである。
彼のビッグヒット、“Every breath you take”のあの出だしの音だ。
これをギターで押さえるのは小さい手の私には無理だ。
左手人差し指で6弦5フレット、薬指で7フレット、小指で9フレットを押さえる。すでにかなりきつい。
さらに、この3つを押さえながら6弦を弾き終わったら人差し指を4弦の6フレっとに移動する。この時薬指と小指は死んでも放してはいけない(>_<)
これが次のF#m9になると2フレット始まりなのでフレット間隔がさっきより長くなり事態はさらに深刻である。。。

私はリードじゃなくて助かった。私がリードならカポタスト多様の不細工なルックスになってしまう。
アンディー・サマーズはやっぱりすごいのだね。というか、手の大きな人が羨ましい。
Trackback(-) comment*0 | 音楽“昼”話
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。