--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/09/22 (Tue) 02:53

ぼそぼそ。。。

この度の政権交代で、あちこちが騒がしい。良いことだ。
これほど長く蔓延ってきたのだから、少々引っ剥がすには時間もかかろうし、しくじりもやむを得まい。
が、ちょっと気になることがある。
法相様である。がちがちの死刑廃止論者のようだ。
親分はそれを法相に当てたのだから、この政権は死刑廃止の立場を採る…と。
ま、それは仕方ない。『民意』だから。
しかし、就任前、いやさ政権交代前にすでに死刑が確定している死刑囚まで助けてはいけないと思うのである。ゆうに100人は居るらしい。
逆に言えば、死刑廃止論者でなくともなかなかハンコは押さなかったのである。
何も法相が死刑にしたわけではない。
制度が出来ているのだ。
その制度に則ってハンコをバンバン突いても死に神ではない。

死刑廃止と言えば、人間愛に溢れているような錯覚に陥る。
しかし、こういう人達は犯罪被害者やその遺族の気持ちを汲み取る用意があるんだろうか。
私にもわからない。わからないが、遺族の人達が言葉少なに語る共通点は、
『極刑を望む』ということではなかったか。

いくら政権が変わろうとも、制度はまだ変わっていない。
我が国には厳然と死刑があるのだ。
そして、私は、何らの宗教にも、極端なイデオロギーにもかぶれてはいない。
Trackback(-) comment*2 | ちょっとした話
comment
Pignon #mQop/nM.
千葉ちゃん
国籍法、人権擁護法推進派ですから。
人権を擁護するあまり、北朝鮮・拉致実行犯(死刑囚)の釈放嘆願書に署名した人物です。臨機応変とか言って都合のいいように立ち居振る舞う輩とは違い、スジが通ってると言えば通ってますが(笑)こういう人は「死んじまえ~」とか言わないのですかね。

メダカのようにみんな同じ方向見ちゃうと、私なんざベロ出してあっち向きたくなっちゃうわけです。
そう言えば少子化担当の福島先生先生が10年前に「産まない選択、子どもを持たない楽しさ」という本を書いてます。
2009/09/22(火) 09:19:08 | URL | edit
kuma #-
千葉ちゃんって難儀そう。。。
人権擁護って、なんだかとても極彩色に見えるんだけれども、片手落ちですよね?
何故なら、被害者の人権なんて全然構構っていませんもんね。
不思議な立場だなぁ。
元々、法度というものは、懲らしめるという意味合いがあったはず。
人を殺めても絶対死刑にならないなら、ブレーキがなくなると私なんぞは思うのですけどね。

再犯ということも見逃しています。
凶悪犯が再犯をおこした場合、その責任は誰が負えるんでしょうか。

人道という言葉、なんだかとても嘘っぽいです。
2009/09/23(水) 01:36:45 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。