2009/10/04 (Sun) 03:13

八方塞がり

最近、占いというものを殆ど信じなくなった。
が、気学占いだけは今も所々取り入れている。
今年私は9の倍数の年齢。これは九星占術によると八方塞がりの一年だそうで、手解きくださった師匠によれば、八方塞がりの年。

新規事は言うに及ばず、変化も避けるべき年だそうである。
そして、この年に色んなことがうまく行かないと感じた人は徳積みができていないのだから、生き方を変えるべきだ…そう仰る。うん、なかなかいい気構えだ。

来年の節分まで、私はノーガードで暮らしてゆくつもりである。

昨日、旧クマキッズが顔を見せてくれた。
もう、成人し社会に出ている。

この子にも言われた。最近クマは丸くなった…。
私達の頃はしょっちゅう怒ってた。
とことん追いつめられた…云々。
何故?

さぁ、何故でしょ。
皆は年齢に負うところが大きいと言ってくれる。
私は微妙に違った感触をもっている。

間が変わったような気がしている。
コツのようなものがやっとわかったのである。

そう考えれば、自己を省みる八方塞がりの歳は意味深い。
歳を取るということは衰退することのみと思っていた。
が、実際にそうなってみると違うということがわかってきた。

但し、肉体は容赦なく衰える。
が、引き替えに磨かれてゆくものも少なくない。
ただ、若い時とは違って、それを言うだけの色気が褪せた。
Trackback(-) comment*0 | 私小節
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive