--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/10/21 (Wed) 03:22

トレーニングとかエクササイズとか…

私は生来、型にはまることが苦手であり、且つ大嫌いである。
塾生の保護者には愁眉ものかもしれないが、例えば宿題チェックは大嫌いである。
でも行っている。そして、忘れの抑止力にはなっている。
ただそれ以上でもそれ以下でもない。

私に言わせて頂ければ、意味はあまりない。
ところがこんなことをあまり大きな声で言わない方が賢明である。
何故なら、今の日本社会は右へならえ症候群だからである。
違うよ!と一言言えばえらい目に遭うのである。

去年から速読を始めた。
が、協会に属する団体の中で、クマ塾は優等生ではない。
速読はあくまで本科の受験生のためのトレーニングツールであると割りきっており、故にそれだけを一人歩きさせる気がさらさらないからである。

かといって、速読の効果を疑っているわけでもない。

ある男児が居る。
決して器用な子ではない。どちらかというと反応が遅い子だ。
よく云えば慎重かもしれないのだが、今まではそうは見えなかった。

ここ数回、目に見えた変化があった。
国語の読解問題を解答するのが明らかに速くなったのである。
まだ数回であるし、肝心の成績の方も出ていない。
つまり根拠はないのだが、いわゆる教えている者の勘というやつだ。
速くなったなぁ…ということなのである。

試験とは、制限時間があっての競争である。
なんぼ時間がかかってもいいよ…では話にならない。
つまり成績の正体は煎じれば処理のスピードなのである。
すると活発な反応を示せる子が有利なのは至極当然である。

だから私はテレビを嫌う。
語彙を蝕むケータイも百害あって一利なし。
せめて中学3年生まではケータイ禁止にしてほしいものだ。
そして、何より、毅然とした態度で親たる者は子どもに対峙しなければならない。

叱るけど結果許す。これが日本の親。
優しい口調で、でも約束を破ったら絶対にペナルティーを課す…これがないから子どもが大人を、親をなめるのである。

余談である。
我が子が言う。最近、国語の力が落ちた気がする。
私は言い放った。ケータイばっかり触ってるからや。

誰かと繋がるための道具が、人を孤立させる道具と化す。しかも恐ろしいことに使っている本人にはそれがわからない。亡国のコミュニケーションツールである。
こんなもの子どもに持たせてはいけない。持たせるのは…後ろめたいからではないか…( ̄∀ ̄*)
Trackback(-) comment*2 | 塾のこと
comment
かとちゃん #-
ご無沙汰してます!

協会に属する団体の中で、クマ塾は優等生ではない・・・

い~え!!決してそんなことはございません!!!

自塾の生徒さんの事を、真摯に考えているクマ先生(決してツールを使って儲けだけに走らない)ですから、私は心から優等生だと思っています。

また、近々、うかがわせてくださいね。
2009/10/29(木) 12:31:37 | URL | edit
kuma #-
Re: タイトルなし
こちらこそ、ご無沙汰してます。
復帰、首をなが~~くして待っておりました。

私は、担当替えって苦手なんです。
クマ塾だけは、特別区にしてもらえませんかね?

是非、お越しください。
そして、クマキッズにガッツを注入してやってください。

お待ちしております。
コメント、ありがとうございますm(_ _)m
2009/10/30(金) 01:44:07 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。