--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/10/27 (Tue) 02:26

ナショナリズム?

安重根という人物をご存じだろうか?
そう、我が国初代総理大臣の伊藤博文をハルピンで暗殺した人物である。
その暗殺事件からこの10月26日でちょうど100年になるというのだ。
当時の大陸・半島ではさぞや半日感情が激化していたんだろうと思う。

が、しかしだ、仮にも同じ主義国に横並びし、国交を開いていながら、自国では100年前の暗殺事件の犯人を英雄として称える…この野太さはどうだろう。到底我々にはできない芸当だ。

ほんとうに日本人はアメリカによって骨抜きにされてしまった。クラゲみたいな国民性ではないか。

全く反省すべき点はないとは絶対に言わぬが、ここまで謝って、気も金もたくさん遣って、まだこんなことをされている。

いくらなんでも伊藤博文が可哀想ではないか。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。