--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2009/10/27 (Tue) 02:33

のりピー騒動

不可解なことが世間には多い。
そんなニュース達が最早騒音と化してしまった気がして、テレビを見る時間が激減した。
ニュース以外に見るべき物が殆どない上にニュースがそんな体たらくでは当然である。
全く、大宅壮一とポールサイモンに敬意を表したい。

さて、例によって公共の電波がのりピーに占領されている。
昼間にテレビを見るのは主婦層が圧倒的に多いはずだ。
すると、のりピーに興味があるのは主婦層か?という疑問が沸く。

テレビは視聴率で動く。
今、のりピーが視聴率をたたき出すと踏んでいるのだろう。
事が表面化してからのマスコミの過熱ぶりには一種の恐怖感を覚えた。
一体全体、のりピーを失って寂しいのか、それとも“ざまぁ見ろ!”とでも言いたいのか?
そこんとこをはっきりしてほしい。(いや、どうでもいいのだが)

マスコミの報道によって民意などいとも簡単に操作できる。
怖い、怖い。

ぼーっとしてテレビを見ていたら、画面から悪い物質が飛んできそうである。
ワイドショウとバラエティーとしょうもないお笑いを専用チャンネルにしてほしい。
そしてチャンネルをもっと減らして、番組も減らして、空白時間帯があっても全く不思議ではない。
また、CM専用のチャンネルか時間帯を作ってもいいかもしれない。

そんなこんなを全部一つにごった煮にしようとするから詰まらぬ番組になるのである。
テレビをやめたら、快適です。
或いは煙草と同じくらい体にいいかもしれない。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。