2009/11/11 (Wed) 02:53

値打ち

公立高校の授業が無料になる。
国の動きに加えて、地方公共団体の動きの中で、公立学校の活性化と学力強化対策が挙がってきている。
私学も民間教育もうかうかしていられない。

まずは、自分のことは棚に上げて言う。

最近の私学の先生は子供をあまり叱らない。
叱ると時間が勿体無いという理由が大半らしい。
授業に参加していない生徒は置いてけぼりである。

英語の授業では、発音に時間を割かない学校が多い。
これは由々しき問題である。
言語というものは読んで話してなんぼである。
紙の上の英語。。。
当てても読めないから先生自らやってしまう。。。
ここでも置いてけぼり。

子供たちが面倒なことを極端に嫌がるようになった。
粘りがない。我慢をしらない。叱られるのが下手だ。
何故だろう?

人は経験して知恵を身につけてゆく。
いくらたくさんの文字を読んでもだめである。
目と目、顔と顔。そして言葉と言葉。
そんなものをぶつけ合わないから、ぶつかったときの加減がわからない。

難しい理屈は要らない。

問題は、ヒトである。

蛇足を承知で云う。
私学よ、しっかりしてくれ。
高い金を払う値打ちを見せてほしい。

タダにしたから公立がよくなるとは思えない。
が、貧すれば…は怖い。
Trackback(-) comment*2 | 世間のこと
comment
おっくん #-
ためいきですね
急に寒くなりましたが、お変わりございませんか?
子供たちが面倒なことを極端に嫌がり、粘りなし、我慢なし。
ほんまですね。
今は失敗したら『リセットボタン』&『親の助け舟』ですからね。
しかも今の助け舟ご一同様は、溺れるはるか前から大々的救出作戦をやらかしますから…助けてもらえない状況が想像すらできないんでしょう。
『助け方が遅い!』という、軽装山歩きジジイみたいなとんでもない言い草がしょっちゅう聞けます。
先生の質とともに権限をあげないと難しいですね。
2009/11/17(火) 18:32:24 | URL | edit
kuma #-
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
そちらはリクエストが全方位でそぞかし大変でしょうね。

日本人って結局“恐れ入る”から居住まいを正していただけなのかな?と思ってしまいますね。
金と教育…本年がもろに見えちゃいます。
怖いです。
2009/11/17(火) 21:57:43 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive