--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/02/28 (Sun) 01:30

予感

去年から予感がしていた。

私の周囲にあるいろいろなものが変わってゆく予感がしたのである。

まずは愚息の就職。

上級の学校に進学するのも成長を強く感じるものだ。

が、就職となると、さらにその思いは強い。

わが子が自分の人生を歩き出す…。

いろいろなことに思いが奔る。

自分のそばから去ってゆく人。

昨日まで全く知らなかったのに、今日突然私の前に現れる人。

死んでゆく人も生まれる子も…。。。。

人の一生というものは、実の多くの縦と横の糸の絡まり合いで編まれている。

異動は人と人の引き合いで起こる。

その出会いが大きいか小さいか。

快か不快か。

長く続くのか、すぐ袂を分かつのか。

いずれにせよ、出会いに一つとして無駄はない。


私は授業料という報酬をもらい、子どもの前に立つ。

子どもはだから私に親が払った対価に見合うサービスを受け取ればいい。

成り立ちはそうである。

そうであるが、折角の出会いだ、

金銭というものを超えたところで対峙したい。


余談。
このクマブログの殆どは家のノートパソコンで書いてきた。
愛着と手垢の染み付いたマシンであるが、ついに寿命を迎えたようだ。
今日のエントリーでこのマシンを処分することにした。

高がパソコン。
しかし、なぜか塾のパソコンでは『乗らない』のである。
こんな些細なところにも私の予感が働く。


春嫌い。

今年は春が

待ち遠しい。
Trackback(-) comment*0 | 自分のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。