--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/03/29 (Mon) 02:17

寒の戻り

春という季節は、冬の次にやってくる分、歓迎される。
長く厳しい季節の変わり目は、だから結構しつこいのかもしれない。
しかし、それにしても今年の春の寒さは異常でる。
寒がりな私はいつまでもダウンジャケットを着、手袋を着用している。
そんな出で立ちで街中の桜を見るのは妙である。

季節の変わり目にお年寄りがなくなってゆくのが年を取って初めてわかった。
気温が何度も変動するのは体に決してよくない。
そう言えば、『風呂が何より危険だ』という人が居た。なるほどしかりである。

春が昔から好きではない。
緊張が一気に解けて、虚無感に襲われるからである。

若いということは、体がしなやかで無理が利く。
その無理が積み重なって、中年期の体質を作ってしまう。

後悔は先に立たない。
自然に沿い、自分の体と相談しながらやっていけるようになるまで、五十年以上の歳月を費やしてしまった。
Trackback(-) comment*0 | 私小節
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。