--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/04/30 (Fri) 02:56

過去からの手紙 ~音楽夜話 ストラト編#2~

剥離剤の威力は凄まじいものがあった。
うっかり肌につくと凍傷かと思うほどヒリヒリする。何回か洗い流しに走ったものだ。
そうやってやっと木肌が顔をのぞかせた。
その途端に、今まで隠れていたこやつの氏素性のほんの一部が露呈した。
ピックアップの部分が収まる凹みに『60』とあり、その下の凹みには『SB』とある。
60はなんだかわからぬが、SBとはおそらくサンバーストのことだろう。
いわゆるグラデーションにあったようだ。その証拠も出てきた。
するとこやつは、サンバーストからミントグリーンに、そして青からブルーグレイに塗られたということになる。

そして、ネックジョイント部のねじ穴があけ直してある。
F社のプレートを当ててみたらピッタシ。。。
ボディー裏のカバーのねじ跡もまた、純正部品にぴたりのねじ。
じゃ、なんであけなおした?
なんでミントグリーン?
????????????

まるで、ダイイングメッセージをさぐる刑事の気分だ。
だがこやつは死んでない。
わかってくれよーといっているような気がする。

だから今回は、きれいに丁寧に塗ってあげようと思っている。
漆の黒か、ラッカーか。。。
ちゃんと下地を作って。。。
夏までにできればいいくらいのペースで。。。

塗っては磨き、磨いちゃ塗る。
乾かしてまた磨いて。。。
顔が映るように。。。。できるかな?

色んな遊びを考えたがやめた。
なんとかは豹変するとも云うし。。。(*^^)v
Trackback(-) comment*0 | 趣味の話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。