--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/06/11 (Fri) 01:41

勘違い

大阪の小学校に脅迫があったらしい。
もはや、珍しいことではない。が、黙殺もできまい。
多分、何もないだろう…とは思っても“もしや”ということもある。
で、用心する。
それはいい。

いいのだが、用心が用心になっていない。

日本の学校は何かというとすぐ集団下校させる。
不謹慎な想像だが…悪いことをしてやろうと思っている輩の心理をちょっと覗いてみればこれが如何に的外れな対策かがわかる。

みんなで帰れば…襲いやすいではないのか?

みんなで帰っても、遠くの子は段々人が減っていく…ではないか!?

集団という言葉が日本人は好きなようだ。
が、そこには大きな落とし穴がある。
Trackback(-) comment*1 | 世間のこと
comment
kuma #-
お久しぶりです
いつもありがとうございます。

あの日、市内の小学校の対応はバラバラでした。
どう対応したかではなく、どう守ったかが問われるはず。
それを最優先するなら、学校の門から出すなんて愚公です。
親が迎えに行くまで預かるという発想は彼らにはないのでしょうか。
形より中身ですね。

テンプレート、皆さん驚かれているようです。
らしくない…ですかね?(^_^)v
2010/06/14(月) 04:05:01 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。