2010/08/27 (Fri) 02:06

爽やか!

ここ最近の私の気に入りである。




なぜインタビューの動画も添付したかというと…おわかりだろうか?

声です、声。
いや、発音かな。日本語で話してたら普通の女子なのだ。が、英語の歌を歌わせると豹変する。

英語の歌っちゅうもんはニホンジンには骨格的にしんどいものがあるんですよね。
で、英語だから…と力んだり、イキったりして兎に角なんでもかんでも舌を巻いちゃう歌手が多い。
▲ライド■ライドなんかもそうです。ギターはむちゃくちゃいいのに、ボーカルで腹いっぱいになってしまう。
きっとガイジンが聞いたら何のことっちゃわからんだろう。

で、この羊毛とおはなのコンビ。
このおはなさんのボーカルも巻き舌で不自然なのだが、何故か嫌悪がないのである。
このコンビの、“Englihman in New York”は一聴の価値ありである。

とにかく、不思議でさわやかなサウンドである。
Trackback(-) comment*0 | 趣味の話
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive