2010/09/01 (Wed) 01:41

2つの知

人間は暮らしの中で色々なことに直面し、学んでゆく。

こうやって得た知識は『生活知』である。

一方、所謂教科学習で得た知識、こちらは『学習知』。

どちらも高いに越したことはない。

本当は片方だけ高い(深い?)ということはないはずだ。

が、最近の子ども達は、どうも生活の方がいけない。

どういけないか、どのくらいいけないか数え上げたらきりがない。


毎日学校から間違えずにひとりで帰ってこられる子なら、受験算数など絶対にものにできるはずだ。

ケータイやDSをあれだけ自在に操れる子が勉強だけはできませんとは何事か。

子どものアタマを自立させてほしい。

伸びる芽を摘んでいるのは大人である。

日常生活の中に、教材はごろごろ転がっている。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive