2010/10/23 (Sat) 01:40

ルール

ルールとか、取り決めというものがある。
こういう物は簡素な方がモアベターである。

何故かと言えば、事細かに規定しなければいけないということは
それだけ民度が低いということになるからである。

ま、そこまでは行かぬが…。
ワタシは最近心に期するところあって、子ども達へのスタンスの取り様を少々変えようと思う。
平たくに言えば、ちょっと厳しくしようと思う次第。

基本的には、『見ればわかる』というのがワタシの考え。
『見てわからん奴には言うてもわからん』とも同時に思うのである。
が、最近、言語力の低下?で、そうも言っては居られなくなったのである。

さらに言えば、ワタシの目の届くところならば修正が効くが、
ワタシが甘やかして悪いクセにしてしまったことを他所でされては堪らないと思ったのである。

当たり前にきちんとしている人が不利益を被らない。
ミスをすれば、その責や不利益はわが身が負う…これを徹底しようと思うのである。
これには普段の生活での躾も関わってくる。
ここが難しい。

朝起きなければ遅刻をすればよい。そして、恥ずかしい思いをし、先生に注意されればいいと思うのである。
でも、つい起こして間に合わせてしまう。
ワタシもわが子にはそうしたことが少なくない。
が、それは決していいことではない。

失敗は絶好の教材…過去にこう言い放っていた事を忘れていたかもしれない。

とは言っても、そこはクマ塾。
いい塩梅で処置をする積り。

ただ、忘れる子はいつも忘れる。
これはなかなか治らない。
Trackback(-) comment*0 | もの申す
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive