2010/10/23 (Sat) 02:42

民意

ワタシがここ最近見たTV番組といえば、てっぱんと国会中継くらいのものである。
てっぱんはちん電が時々出てきてほっとするのである。
こういう電車に乗って通学できる子はとても幸せ者である。非行になど奔りっこないと勝手に思い込んでいる。

国会の質疑を見ていて色々なことを思う。
昨夏、我々の民意は民主を良とした。
長きにわたった自民政権があまりの体たらく。
一度、民主にやらせてみたら?と大衆は思ったのだろう。

で、そうなった。

で、どうなったかと言えば、自民顔負けの権力居座り願望。
金と金と金にまみれた幹部達。

さらに中国のここは出張所かい?と思うほど中国よりの姿勢。

絶対、中国は尖閣を取りに来る。
日本は押したら引き下がる国だという事がもうバレてしまった。
そして、日本は悪い国だというマインドコントロールが見事に成功した。

飛躍した例かもしれないが、自分で物を決められない子が増えた原因は、
実はこういうところにあったのかもしれないと妄想して、ぞくっとしたのである。

ジャイアンツ愛などよりジャパン愛ではないか?
愛国心という言葉がアレルゲンならそう呼べばいい。

自国を愛せぬ国民。
自分の国はいい国だと、言えない国民。
だから政府はあちら寄り?

我々こそ、民意を掘り下げねばならないのでは?
えらい党を選んだものだと思うが、では、自民政権ではどうだったかと思うと
さほど変わり映えはせぬだろうとも思う。

柳ではなくカーボンファイバーのような反発力を持たねばならぬのに…。
Trackback(-) comment*2 | 世間のこと
comment
野牛 #-
あらら。Pink Floydのコメント、名前が入ってないかも知れません。

老獪な自民の時もはぐらかしのすっとぼけが横行してましたが、
民主はそれに加えて恫喝までやってのけますから。
国会中継を冷静に見続けるのは相当辛抱しなくてはなりません。
AKB1059(赤い官房長官)が「ねばならない」を連発するたび、心苦しいわけですが、太陽の無い銀河系内閣、熔解しようにも熱がなくなりつつあります。

石原都知事が物騒なことを言ってましたが、中国の報道では死傷者が出たという話もあるようで、海保のビデオを出し渋ってる間にクリントンに見限られる始末。

愛国心を出そうにも、皆、小っ恥ずかしくて引っ込めるわけです。
2010/10/26(火) 12:21:01 | URL | edit
kuma #-
大丈夫!
クマブログのお客さんはもう野牛さんの文体を見抜いてますから(笑)

しかし、それにしても、仙石のおっさんは偉そうですね。
官房長官っつうのは、あれくらい偉そうでいんでしょうかね。
中国には諂うくせにね。

でも、民意なんですよね。
怖いなぁ。
2010/10/26(火) 14:59:31 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive