--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2010/10/24 (Sun) 03:02

Wish you were here

これなんかは、イマドキの子にはどんな風に聞こえるんだろうか。



ま、演ってるおっちゃんの風貌はあえて置いておくとして。。。

ビートルズに置いてけぼりにされて、ようやく他のも聴いてみようかと初めて思えたのが、
このPink Floydだった。
おせっかい、原子心母、狂気、あなたがここにいてほしい…。

懐かしいなぁ。

デビッドギルモア。
いいギター弾きだ。
Trackback(-) comment*2 | 私小節
comment
unsigned #-
ワタクシ、YES派のZEPP好きで、こちらは避けて通ってました。
なので何も述べる資格がないのですが、アコギ、良い音してますねぇ。
この当時のタイコ屋さんが今どきの人には古くさく感じるものらしいですが、
アコギはそんなことなさそうです。
以前のエントリーでハウリングを低減させるために鳴らないギターを云々、
というのがありましたが、
あれはあれで別の音を出す楽器として生き延び、
ギターとしては昔ながらのヤツが見直されているようですね。

2010/10/26(火) 12:06:08 | URL | edit
kuma #-
Re: タイトルなし
ツェッペリンのサウンドに初めて触れた時、ん?これは外してる?外れてる?と不思議な感じがしました。でもロバートプラントの発音があまりにも綺麗でやっぱブリティッシュよなぁ!と感じ入った次第。
イエスは危機とこわれものしか聴いてません。
最近、スティングの曲にフラジールというのがあって、これが実はfragileとわかり、ふふーんと思いました。なんかフランス語みたいで…(笑)
日本のアーティストは舶来物が、海外のアーティストはタカミネ好きがよく目につきますね。
でも文体と同じで音色は天性のものだとか…。
2010/10/26(火) 14:54:59 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。