2010/12/19 (Sun) 03:44

roots

母親の実家の集合写真があった。
先日、わがPCの指南役が、ちょっと拝借と言われる。
何をするのかと思いきや、色を付けるとおっしゃる。

半信半疑でお預けした。

今日、出来上がってきた。

亡くなった祖母、叔母、母親がまるで蘇ったように生き生きと写真に納まっている。

ちょっとじーんとしてしまった。

写真を修整してわかった色んなことも教えてくださった。

今まで気付くことがなかった祖母の存在感。

祖母の子どもだった若い私の母親がそこに居た。

写真というのは、やっぱり面白いものだ。

両親の婚礼の写真も修復してくださった。

実は父親は端正な顔立ちをしていることがわかり、ちょっと可笑しかった。

こういうパソコンの使い方は堪らなくいい。

利器はこうであらねばなるまい。

年の瀬にほっこりする贈り物を戴いた。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive