2011/01/18 (Tue) 02:51

でかした!

不器用な子が居る。
ゆえに自分の考えを上手く表現できない。
その子を園児から預かった。
ひらがな、カタカナ、数字の書き方から教えた。
鉛筆の持ち方まで教え、まるで習字教室のようだった。

不器用な上にゲーム好き。
熱心に勉強してきたとはちょっと言いにくい面もあった。

私にどやされたことも10本の指では到底足りない。
しかし、一度もズル休みをしたことがない。
かめさんのようにスローモーだが、牛歩を止めなかった。

ここ!と言うときに気の利いたことが言えないその子を見ていて、ある日ふと思った。
接し方を変えよう。変えなければならない。そう感じた。

今までなら言葉を先に発し、答えがさっと返って来ないことにいらだつことが多かった。
が、待った。待ってみた。
少しずつ、少しずつ、距離感が変わってきた。

昨日、その子が合格を手にした。
試験の前から、手ごたえや前兆はいくつかあった。
試験後の表情を聞いて、面接の内容を聞いて、直感は予想に変わり、今日それが現実となった。

難関ではなかったかもしれない。
しかし、何物にも変えがたい値打ちの高い合格である。

えらい!でかした!

あほー!と思わず肩を叩いてしまった。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive