2011/02/02 (Wed) 03:54

一年の計

この仕事をやっていてクリスマスと正月の喧騒が嫌いになった。
そもそも何らの宗教的に同一な背景を持たぬクリスマスというものは昔から私は苦手だったが、そこに入試が前倒しになり、ますます拍車をかけた。

入試が終わって1月いっぱいは全力疾走からクルージングに入り、そして2月から切り替える。
それがちょうど節分とほぼ重なる。
よって私の暮れは一月末で正月は2月である。
もちろん、穏やかな正月で何もない。
あるのは新しい一年への覚悟である。

私の前に居てくれる子を精一杯みる。
また始めるぞ!という決心である。

そのためには整理と切り替えの時間が要る。
賛成はできぬが、1月中旬の受験と2月新学年開講というのは私のなかでは好いけじめになっている。

Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive