--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/02/23 (Wed) 03:38

ホイッスル

私は野球部員だった。
次兄の影響で野球が大好きで、小学生の頃から硬球で遊んでいた。
中学に上がったとき、何の疑問なく野球部に入った。
が、どこか世間をなめていたようで、先輩にたてついてやめてしまった。

そして、高校でバレーボールを始めた。
これがなかなか上手くいかなかった。

顧問の先生は審判員の資格を持っていた。
彼は言葉の端々にいつも匂わせた。
『一度、ピッと吹いたら、もう基準は変えられない。だから一発目のホイッスルがその試合のすべてを決める』と。

この事は私の中に何故かずっと残った。
逆にホイッスルの基準をすぐに変える人が嫌いである。

子どもに対峙する時、最も気をつけるのはこのことである。
『一度吹いたら基準は変えない』

“仕方ない、今日だけだよ…”こう言って日本の親は子を許す。
子どもはだから端っからそれを承知で叱られている。
責任を取るという言葉が嘘っぽくなるはずである。

本当に責任を取らせるなら、こぼした水をお盆に返すまでさせるべきである。
Trackback(-) comment*2 | 入試のこと
comment
おっくん #-
No title
『まあいいやん。今日ぐらい…』って言いますよね。
だから私は酒飲みが大っ嫌いです。
2011/03/06(日) 12:34:07 | URL | edit
kuma #-
子育て
西洋人は我が子が悪魔になるかもしれないからする。
日本人は天使だとおもって対する。
この違いですね。

わがままは後天性です。
でも狡猾は先天性。

お粗末でした。
2011/03/07(月) 01:22:27 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。