2011/03/28 (Mon) 09:05

“その”後…

何の後だかわからぬが…。

この26日で新中学1年生になるキッズの準備講座が終講した。
後は各自の判断で。。。

2月、3月と保護者会を実施した。
小学生対象と新中1対象である。どちらも親子で参加の形式で行った。
レジメなどの準備していて、ふと腑に落ちた。
入試とは採寸である。身の丈に合わぬ学校に行けないはずである。
ただ、勉強というこの丈は努力で変えることができる。

最近、小テストを始めた。
その名を“生活実態調査”と言う。我が恩師のパクリである。
言いえての妙。生活実態調査とは。

この日曜講座から計算の添削を始めた。
計算手法はなかなか洗練されない。
偏差値が70を越えても、計算手法は下手っぴである。
こりゃイカン(遺憾?行かん?如何?)と思った次第。

当節、小学生からもう…ということが多い。
ケータイを持たずに小学校を卒業できたのなら、そのままの方が良い。是非!
色々な事が小学生に広まっている。
大人の商魂が子どもをマーケットにし出した。
怖い面が多い。
社会が枯れてくると自己中心になりがち。
我が子より我が身が大切か?と訊いてみたい親をよく見かける。
教育よりも躾も必要。
しかし、最も必要なのは可愛がること。
愛情などと恰好つけなくともよい。親は子を可愛がること。
何故なら、子は可愛いからである。

タバコを辞めて以来、いくつかのものを辞めた。
ケータイは断念。
が、コピーは辞められそう。
いや、耳コピーではなく(笑) 複写機を使用すること。
“自炊”というのだそうな。
本をバラして、ファイルにして持ち歩く。
クマは持ち歩かぬが、色々なネタ本をバラしちゃ○○○して編集して△△してる。
これも自炊か。

そして、このブログ。予約投稿。
朝一にお披露目。
これ、なかなかよろし。
Trackback(-) comment*0 | 分けられぬこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive