--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/06/01 (Wed) 22:21

担当

最近でこそ殆どなくなったが、以前はよくこういうトークの突撃電話がかかってきたものだ。
曰く、
『中央区の塾様の担当をさせていただいております何某ともうしますが…』云々。
馬鹿を言ってはいけない。あなたになんぞ担当してもらったことは一切ない。

私は、実は、担当しだいで物事を決定する人間である。
クルマ、ドリル、カットマン、ギター…。
仕事では、速読と…入試広報というところか。

ところが組織が大きくなると担当をコロコロと変えるのである。『顧客』の当方には一切の相談も連絡もなく。。。その人が窓口で、繋がりが出来てからも面倒を見てもらえる。しかもずっと変わらない。そう思ったから『取引』を始めたわけである。

先日、某中学の入試広報の先生が見えた。この春から、クマ塾の担当なのだそうだ。まだ何等の信頼関係もない。
が、初の面談でいきなり今春の入試では人数が減って云々。だからこれからもよろしく…って。
やなこった。そんなんで受験校決められるわけがないでしょ?!

で、また別の校。
これ、書いてしまうと識別できちゃうのだが…ま、いいか(笑)
以前担当だった先生が引かれた。が、、後任がイマイチ当会には来ない。で、前任の先生が堪りかねて越境訪問してくださった。ちょっとお話しただけで、これだけ参考になることが戴けるのに…と、お帰りになった。
数日後、後任の先生が電話を横してきた。
伺いたい。
はい、結構ですよ。
明日はどうか?
みたいな短兵急。
あのねぇ…。ねぇ?!ほんまに。

今日また別の校。
この先生とは本当に楽しく何度も何度も長時間お話した間柄である。こんな小さな塾にも講演に来ていただいた。
ところが配置換えで別部署に行かれた。もう10年。。。お目にかかることはもうないかと諦めかけていた。が、今日、ひょっこり訪問してくださった。もう嬉しくて嬉しくてたまらなかった。久しぶりに頭を使って会話した気がする。中学受験畑に復帰なさったという。心丈夫である。

この方も十年の知己であるが、先日ある先生が書面で退職を知らせてきた。期の途中である。私には理解不能である。一年を開講するとき、それは一年先まで約束することである。それをいかに一担当であると言っても紙切れ一枚でお仕舞いとは。。。これが組織人の『責任のとり方』なのか。だから友達にサラリーマンが居ないわけだ。

担当は変えるな。その担当が成績を上げても異動させるな。私はその窓口の人が気に入ったからお付き合いを始めたのである。さらに言えば、前任者と回を重ねて築いてきたものと同レベルから後任者が横滑り…というのは虫が良すぎる。私はそれほどお人好しではないのである。
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。