2011/06/04 (Sat) 02:13

京雀

京都という町は昔から為政者が乗り込んできては消えてゆく王城の町だ。それを横目で見て、ある時は歓迎し、ある時は家財を荷車に乗せて遁走する。ピーチクパーチク小煩い。

マスコミも京雀に似ている。自説も哲学も持たず、目先の出来事に右往左往する。
2年前あれほど自民や安倍氏を苛め抜いて、民主政権奪取に一役買った。が、どうだ、この体たらく。
巨神兵だったわけだ。もうドロドロに溶けちゃった。

民主政権になって『ほぉーやるじゃん!』と思ったのは、今回の政権詐欺。これは歴史に名を残す政局である。それも恥の部分で。何年か先の受験生はこんなつらまん政変を解答用紙に答えなくてはいけない。でも、いや、なかなかボリュームのある融合問題ができそうだ! 地理も歴史も公民もひっくるめた総合問題だ。どこかの模試業者が作ったりして。。。

ところで、ゴトーダのぼん。間抜けなこった。考えてやれよな。恥ずかしいね、こんな時に。いや震災じゃなく政変の方で。。。
ほんと、政治家にろくなのは居ない。これは教育に無縁ではない。絆とかな情けとか、そういう感情が今の子達にないからだ。貴人、酷なり…か。 豊かすぎると人間は冷たくなる。国どころか家族だって平気で捨ててしまう。
寒いことである。
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive