--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/07/25 (Mon) 02:01

おひさま

やや軟弱かなぁ?と危惧しながらも結局、おひさまを見続けている。
戦前から戦後の勤勉でまじめな日本人と日本が描かれている。昭和を思い出している。

今の人に昭和は良かった…と押し付ける気など毛頭ない。
が、少なくとも、卑屈教育からは解放され、一度日本という国を見直してみても損はない。
そういう意味で、おひさまは健闘している。

私たち日本人の良い所は、悉く無視されたり、ダメだしされたりした。
そして、自らもその特性を捨ててしまおうとしている。

手先が器用なのである。複雑な言語を操れる聡明な脳を持ち合わせている。
猿真似なんてとんでもないのだ。

人知れず何かに気持ちを込める事が上手なのである。
料理を見ればわかる。
素材の持ち味を損ねずにシンプルに引き出すのが日本料理である。

恥ずかしながら、この歳になっても煮ると炊くの違いが明確に説明できない。
それほど奥が深いのである。
そんなすばらしいものを捨ててまでわざわざ他所のものを貪る必要もあるまいと思うのだが…。

comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。