--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2011/07/31 (Sun) 15:06

合宿、直前

今日、明日は休講にしている。
合宿は今まで月曜出発、金曜帰りにしていたが、今回は火曜の土曜にした。別に他意はないのだが…。

レクリエーションで釣りをするので、その荷物や雑多なものを先に送らせてもらっている。
荷物を詰めながら、6月の長さと7月の短さを不思議に思った。
6月の中旬に入院した時点では合宿は危うい状態だったが、大事なくここに至った。何に感謝していいかわからないが、ありがたい事である。

子供たちとじっくり向きあってこようと思う。考えを押し付けるのではなく、思いを引き出せたらいい。合宿はそのためにある。それなくしては、無味乾燥な学習になる。

最近、ひとりの子どもが私のもとを去った。
塾の先生は、子どもに対峙しながら、その肩越しの保護者にアピールしなければ信頼してもらえない。
教室はある種密室である。こちらの意図するところが正確に伝わっていないことも多い。だからといって、私は得点稼ぎに走れないでいる。

子どもと正対するしか術を知らない。
最近の世の中を見ていて寒々しいのは、対処療法が本筋であるかのごとく幅をきかせていることである。

ま、しかし。
去る者は追えず。来るものは拒まず。
まとわりつくように傍に居てくれる子が可愛くないわけがない。
それは贔屓でもなんでもない。

合宿で見せてくれる子どもたちの笑顔は絶品だ。
Trackback(-) comment*0 | 塾のこと
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。