2011/08/27 (Sat) 03:02

パワハラ

私は周りの人たちから強い人間だと思われ勝ちである。が、実はそうではない。若い頃には感情が顔に出すぎだとよくお叱りを受けたものだ。それで、読み取られないようにポーカーフェイスを知らず習得したのかもしれない。
感極まって落涙寸前であっても平然としているように見える。“クマは冷たい人間か?”と思われた人も少なくないと思う。見た目がそんな私も実は中身は自信なさ気で弱い人間なのである。

そんな私は中年にして初めて“いじめ”を受けた。もうそれは見事に意地悪というレベルを超えていた。当初は気づかず、気遣いのできない奴め!と思っていたが自分の裁量で事が進められる分野で私をいじめたのである。つまり今言うパワーハラスメントである。

私、昔から関西系のバラエティーを見ていて、自分の経験と同じ空気を感じていた。それは先日やけくそ・強面引退をした紳助とダウンタウンの浜田に感じるのである。売れない芸人やタレントにすれば親方に気に入られて売れたらそれでよしなのであろう。が、見ているこちらが気分が悪くなる。この二人、やり方が酷似していないだろうか。番組の制作に口を出せるようになり、思いのままに牛耳っていく。実は明石屋さんまもそうであるが、彼のキャラクターの徳であろう。嫌な雰囲気が醸し出されないで済んでいる。

人気者は実は同じくらい嫌われ者である。以前にもこのブログで前述の二人を別の件でやっつけたが、できれば浜田もテレビから引退してほしい。もう十分に稼いだであろうし(笑) 人の尊厳を蹂躙したり、食べ物を冒涜するようなギャグは禁じ手である。闇社会との付き合い云々する前に、そういう行儀の悪い売れっ子を助長させた責任は誰にあるのか考えるべきである。部下を苛める上司を見過ごす会社は大した会社ではない。徳のない人間によいポジションを与えたのであるから、その罪は大きい。

節電が迫られている今、日本のテレビ局は空白の時間帯を敢えて作ってでも、本当によい番組作りを目指すべきである。紳助があんな辞め方をしたのでこの時間帯は番組が埋まりません。不細工な話ですみません…というテロップをその時間中ながせばいいではないか。

因みに、紳助程度の芸人なら関西には五万と居る。
但し、スクール生ではない。巷にいる。
Trackback(-) comment*0 | 一筆示し参らせ候
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
archive